729view

タイムアウトローマが、ローマ旅行に役立つ、気候と季節ごとの見どころをガイド。

ローマの春は、心地よく暖かくなる日もあれば、奇妙なぐらいに冬のような日になることもある。壁やつる棚の藤やセイヨウズオウの木が花をつけ始めてくると、街が最も緑豊かになる時期の到来だ。4月前後のイースターの時期には、聖金曜日の十字架の道行など、宗教的なイベントが多く開催される。

7月と8月のローマは、暑さが得意な人でも、寛容性が試される時期になる。しかし、緑豊かな街の公園や、夜に開催される野外コンサートなど、楽しめることは多くある。また、市内のヴェニューで様々なエンターテイメントを楽しめる「エスターテ・ロマーナ」も夏に開催される。暑さに耐えられない場合は、冷房が効いてる博物館や美術館、ギャラリーを巡るのもいいだろう。また、暗くてひんやりした数多くある教会も、暑さをしのぐにはぴったりだ。

11月は、月降水量で最も雨が多い時期となる。しかし、夏のような暑さがぶり返す日もある。そういった日は、太陽も出て、湿気も少しは低くなる。この時期になると、観光客は少なくなってくるが、注目するべきイベントは多くある。ローマ映画際は、ベネチア映画際には敵わないが、公開前の映画を楽しめる素晴らしい機会だ。

雪に覆われた山々から冷たくて乾燥した風が吹いてくるこの時期は、ローマでも凍るほど寒くなることがある。また、美しい「青」を堪能できる時期でもある。寒さを我慢できるなら、真っ青に晴れた日に、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂へ行こう。展望台から、素晴らしい街の景色を見ることができる。冬のローマが盛り上がりを見せるタイミングとしては、クリスマスの時期、また冬の終わりにある謝肉祭の時期などがある。

関連するキーワード