1401view

タイムアウトロンドンが、ノンアルコールカクテル「モクテル」やノンアルビールが美味しく、いい気分になれる店を紹介。

ザ・ブック・クラブ|The Book Club

ショーディッチのど真ん中にあるパーティーバー。しかし、みんな騒いでいるからいって、酒を飲んでいるとは限らない。この店には「アルコールゼロ」メニューがある。ターメリックのスピリッツや、エスプレッソ・ビーツ・マティーニなどがおすすめだ。

ブリュードッグ|Brewdog

クラフトビールのブリューワーとして有名なブリュードッグのカムデン支店。この店では、酒が苦手でも、ホップの味を楽しみながら夜を過ごすことができる。ブリュードッグのノンアルビール「ナニー・ステート」が、常にタップで飲めるように用意されている。

ザ・コナウト・バー|The Connaught Bar

ホテルのバーで、人気メニューはマティーニ。もちろん、ノンアルコールでもオーダーすることができる。アルコールを使わないカクテル「モクテル」には、ユズジュースやタマリロ・コンブチャなど贅沢な材料を使っている。

ダンデライオン|Dandelyan

受賞歴もあるこのバーでは、メニューで、モクテルのことを「alcohol-free sin(ノンアルコールの罪)」と表記している。罪なノンアルカクテルは4種類ある。アルコールを使ったカクテルと同じように、材料の複雑な融合を楽しむことができる。

パーミット・ルーム|Permit Room

ボンベイスタイルのバー。インド料理レストラン「ディッシューム」のキングス・クロス店の地下にある。アルコールを使っていないドリンクは、フルーツ・シャーベット、花びら、ヴァージン・コラーダーをミックスしたタイプのものがおすすめ。

関連するキーワード