793view

タイムアウトロサンゼルスが、ロサンゼルスで見ることができる建築様式を紹介。

アメリカン・クラフツマン|American Craftsman

アメリカ版アーツ・アンド・クラフツ運動。1890年代から1930年代に、大量生産に対する建築分野での反動として、手工業を大事にしたバンガローが建てられた。

ロサンゼルスで見られる例:

ギャンブル・ハウス|Gamble House

アールデコ|Art Deco

古典的な美学と未来の両方を意識して生まれたムーブメント。1920年代から40年代、ロサンゼルスを代表するアールデコ様式のランドマークが多く誕生した。

ロサンゼルスで見られる例:

イースタン・コロンビア・ビルディング|Eastern Columbia Building
ブルロックス・ウィルシャ|Bullocks Wilshire
ロサンゼルス市庁舎|Los Angeles City Hall

グーギー|Googie

20世紀半ばに、車や宇宙時代への憧れから生まれた建築スタイル。今でも、ロサンゼルスのダイナーの建物で多く見られる。

ロサンゼルスで見られる例:

ノームス|Norms
テーマ・ビルディング|Theme Building
メルズ・ドライブ・イン|Mel’s Drive-In

ミッドセンチュリー・モダン|Midcentury modern

1930年代から60年代に、主に個人宅建築で見られたムーブメント。すっきりとした見た目が特徴。今でも、フォロワーが多い。

ロサンゼルスで見られる例:

シュタール・ハウス|Stahl House
イームズ・ハウス|Eames House
シネラマ・ドーム|Cinerama Dome

関連するキーワード