377view

タイムアウトメルボルンが、メルボルン旅行に役立つ、季節ごとの見どころをガイド。

夏(日本では冬)

外で飲むこと、泳ぐこと、そして、暑さが好きであれば、メルボルンの夏は最高だ。北部に位置するシドニーほど、晴れの日が続くわけではないが、メルボルンの夏は、暑い日が続く。その分、暑さをしのげる場所もたくさんある。夏の時期は、音楽フェスなどの野外フェスが多数開催される。クリスマスの次の日には、ボクシング・デイ・テストという大きなクリケットの試合が、1月には、メルボルン・パークで、テニスの全豪オープンが開催される。2月には、街中の建物や公共スペースが展示空間となる12時間連続のアートイベント「ホワイト・ナイト」で盛り上がりを見せる。

秋(日本では春)

メルボルンの秋は、食べること、飲むこと、そして、笑うことが好きな人には最高の季節だ。3月のメルボルンは、F1のオーストラリアグランプリやコメディーフェスティバルで賑やかになる。グルメやワイン好きは、フード・アンド・ワイン・フェスティバルに期待しよう。メルボルン最大のファッションイベントであるメルボルン・ファッション・フェスティバルも3月に開かれる。この季節は、ビクトリアの西海岸へ出掛けるのもおすすめだ。グレート・オーシャン・ロードをドライブすれば、オーストラリアでも有数のビーチの景色を楽しむことができる。

冬(日本では夏)

街を探索することが好きであれば、冬にメルボルンへ訪れよう。寒くなり、雨も多少降る気候だが、街には楽しむことがたくさんある。観光という面では、シーズンオフなので、飛行機やホテルが安くなるという利点もあるかもしれない。毎冬、ビクトリア国立美術館とオーストラリア映像博物館では、メルボルン・ウィンター・マスターピーシーズという展覧会が開かれる。100日も続く大きなアートイベントで、過去にはゴッホ、デヴィッド・ボウイ、ピカソ、ピクサーなどがフィーチャーされている。8月には、メルボルン国際映画祭も開催される。観光客も少なくなっているので、この時期は、街歩きをして、お気に入りのバーやレストランを見つけるのにピッタリだ。

春(日本では秋)

春のメルボルンは、アウトドアでの遊びとアートを楽しむ時期だ。毎年10月、街はメルボルン・フェスティバル一色となり、
オーストラリアや世界から演劇、ダンス、ビジュアル・アートそして音楽のアーティストが集まる。同様に、コメディー、演劇、オフビートのパフォーマンスが観れるメルボルン・フリンジ・フェスティバルも注目に値する。食に興味があれば、メルボルンの人気レストランが参加するテイスト・オブ・メルボルンは見逃せない。この季節は、街から少し離れてハイキングへ出掛けるのもいいだろう。旅を終える前、メルボルン名物の「ブランチ」を楽しむことを忘れずに。

関連するキーワード