2076view

タイムアウトイスラエルが、世界にあるイスラエル料理のレストランの中から、故郷の味を楽しめるおすすめの店を紹介。

6. シャク・シュク(バルセロナ)|Shaq Shuq

バルセロナは、特に料理に関しては、多様性がある街のひとつだろう。市場、バー、レストランには、タパスから、ワイン、ミシュランの星付きレストランまで、考えうるあらゆる食べ物が揃っている。シャク・シュクは、スペイン人とイスラエル人の橋渡しのような役割をしていて、バルセロナでも、イスラエルの街にいるような感覚でコーシャーにのっとった料理を食べられる店になっている。メニューは、バラディ・エッグプラント、牛肉や魚のグリル、シャクシュカ、シュニッツェル、ハンバーガー、15種類のサラダなどがある。

7. オアトゥケ(カトマンドゥ、ポカラ)|Or2k

アジアへ旅に出る人は誰でも、出発から数週間も経つと、故郷の味が恋しくなるものだろう。アド・レビンガーは、ネパールに行った時、このことに気づいた。アーティストとして、文化、色彩、人々に心奪われた彼は、ネパールの地に、イスラエルの雰囲気と食事を提供する店をオープンすることを思いついた。結果、何人かと共同で、ネパールのカトマンドゥとポカラで店を営んでいる。オアトゥケでは、タヒーニ、フムス、マサバハ、ファラフェル、イスラエル・サラダなどのメニューを、ネパールの素晴らしい景色を見ながら食べることができる。食事をせずに、お茶を飲みに来るイスラエル人もいて、イスラエルに帰った気分で楽しんでいる様子が見られる。


関連するキーワード