730view

タイムアウトロンドンが、ロンドン観光に役立つ、公共交通機関の利用や街歩きに関するティップスを紹介。

1. オイスターカードを買う、もしくはコンタクトレスを使う。

ロンドンは、物価が安い街ではない。可能な限り節約をしていくというのは、良い考え方だろう。オイスターカードを買う、もしくは、コンタクトレスでの支払いに対応しているクレジットカードや携帯電話で支払えば、トラベルカード( 1日乗車券)を買うより節約になる。改札で黄色の読み取り機にカードもしくは携帯電話をタッチすることを忘れずに。もし、忘れてしまうと最高額を請求されることもある。観光客向けのオイスターカードは、15ポンド(約2,200円)から購入可能。

© TfL

2. エスカレーターでは右に立つ。

エスカレーターで立つ場合は、右側に寄ろう。そうしなければ、あなたに続く通勤客から舌打ちを浴びることになるだろう。駆け上がる、もしくは駆け下りる場合は、左側へどうぞ。

© Matthew G/Flickr

3. 歩いたほうが早い場合もある。

ロンドンの複雑な地下鉄路線を把握した頃には、オイスターカードの使い方にも慣れ、地下鉄をもっと使い倒したいという気持ちになっているかもしれないが、時に、歩くほうがましな場合もあることを覚えておこう。例えば、コヴェント・ガーデンとレスター・スクエアは、歩けば4分だ。しかも、コヴェント・ガーデン駅でエレベーターの列に並ぶ必要もない。もちろん歩いたら遠い場合もあるので、ロンドン交通局の路線図を見て、駅と駅の間の距離感を確認するといいだろう。

© Roberto Trombetta/Flickr

4. ナイトチューブを利用する。

2016年後半、ナイトチューブと呼ばれる地下鉄の終夜営業が遂に導入された。とても喜ばしいことだ。金曜日と土曜日の夜だけだが、ナイトチューブは、ヴィクトリア線とジュビリー線、セントラル線、ノーザン線、ピカデリー線、ロンドン・オーバーグラウンド線に導入されている(一部運行も含む)。支払いは、オイスターカード、トラベルカード、コンタクトレスで可能。

© Nandan Prabhu

5. 自転車で巡る。

坂も少なく、自転車専用の道も多いロンドンは、超自転車向きの街と言えるだろう。サンタンダー・サイクル(レンタサイクル)を借りて、眺めが良いサイクリングルートを走りながら、街を巡ろう。

関連するキーワード