3446view

タイムアウトロンドンが、ロンドンのおすすめ美術館・博物館を紹介。

1.ヴィクトリア&アルバート博物館|V&A

美術館や博物館が建ち並ぶサウス・ケンジントンに位置する博物館。世界最高の装飾美術とデザインのコレクションを収蔵する博物館のひとつで、ファッション、テキスタイル、家具、陶磁器、写真、宝飾品および美術品と、多岐に渡る素晴らしい作品を展示している。チケットが必要な展覧会もあるが、展示物の大半は無料で観覧できる。館内中庭の陽だまりも心地よく、カフェも目を見張る美しさで、紅茶とケーキが絶品だ。

2. 大英博物館 | British Museum

大英博物館は世界で初めて一般公開された国立博物館として、1759年に開館した。開館当時から現在に至るまで、入館は無料。向学心があり、好奇心旺盛な誰もが、展示されている風変わりかつ素晴らしい展示物に驚嘆することができる。膨大な展示品は、古代イラン、ギリシャ、紀元前5000年以降の中国、ブリタンニアなどのように、地域と年代で分類されている。どこから観始めたらいいか迷ったら、無料ツアーに参加するか、ガイドを予約してみてはどうだろうか。

3.テート・モダン|Tate Modern

テート・ギャラリー が開設されたのは1897年だが、近現代アートに特化したこのテート・モダンの歴史は浅い。元々バンクサイド発電所だった、インダストリアルな雰囲気のこの場所が美術館としてオープンしたのは、2000年のこと。2016年には、スイッチ・ハウスが増築されたことにより、展示面積がそれまでの従来の6割増しとなり、より多くの作品を展示できるようになった。
開館当初からあるタービン・ホールでは、大型のインスタレーション作品を展示しており、人気を博している。無料の常設展では、ウォーホル、ホックニー、ダリなどの作品が鑑賞できる。常に、驚きやインスピレーションを提供してくれる企画展も必見だ。

4. 国立海洋博物館|National Maritime Museum

海事に関するものが展示されているこの博物館。何年にも渡り、グリニッチはイギリス海事の中心であったため、ここは資料となる物品、地図や記念品の宝庫であり、多くの人が楽しめるものが揃っている。機械に感心があれば、有名な船の模型に興味をそそられるかもしれない。じっとしていられない子供たち向けに、アクティビティーやゲームが楽しめる部屋もある。

5. ロンドン自然史博物館|Natural History Museum

8000万点にもおよぶ植物、動物、化石、岩石と鉱物の標本を収蔵している博物館。アニマトロニクスの恐竜、大人サイズの胎児の模型、絶滅したドードー、ジャイアントセコイの木、地震シミュレーター、暗闇で光るクリスタルなどを見ることができる。また、1905年以来、ロンドンで最も愛されてきた恐竜のディピーも展示されている。

6. ナショナル・ギャラリー|National Gallery

トラファルガー広場の中心に位置する美術館。ロンドン中心部の喧騒をひととき逃れるために、鳩や大道芸人を避けながら進めば、世界最高の美術品を無料で鑑賞できる。1824年の開館当初はたった36点の絵画しか展示されていなかったが、現在は2000点を超える美術品を収蔵している。その中にはダ・ヴィンチ、ファン・ゴッホ、レンブラント、ミケランジェロ、ターナー、ピカソ、マティスやセザンヌなどの作品が含まれている。無料のイベント、ワインを飲みながら芸術作品について学ぶこともできるイベントも開催されている。

関連するキーワード