6048view

タイムアウトロンドンが、レコード、古着、古道具など、掘り出し物が見つかるおすすめのフリーマーケットを紹介。

ハックニーのレコード市には、レアなレコードも多いが、インディーズレーベルのアイテムにも力を入れている。レコードのクリーニングサービスもあり、買った盤を手入れしてもらうこともできる。非公式だが、ポップアップのパン売りも登場するので、会場をもう一周する前のエレルギー補給におすすめだ。

開催:不定期(ウェブで確認を)

ザ・サウス・ロンドン・ヴィンテージ・ファーニチュア・フリー|The South London Vintage Furniture Flea

このフリーマーケットは、ピンタレストの「夢のリビングルーム」ボードを、現実社会での魅力的な部屋にしていくためのヒントが集まっていると言えるだろう。少しの予算で模様替えをしたいのであれば、まずは、今の部屋を片付けよう。そしてこのマーケットで、ミッドセンチュリーの椅子、サイドテーブル、バーウェア、クッション、レコードプレーヤーを揃えよう。ポスターや小物も、豊富に売られている。

開催:不定期(ウェブで確認を)

サンブリー・アンティークス|Sunbury Antiques

少し遠くに行くのが苦でない人にとっては、この隔月で開催されるマーケットは、訪れる価値があるだろう。映画などの小道具を探しているバイヤーも注目しているマーケットだが、家に合うような普通のものを探している人にとっても、素晴らしいものが見つかる。ヨーロッパ中から業者が集まっていて、例えば、フランスの田舎家具を欲しい場合、わざわざ海を渡らなくても、ここに来れば見つかるだろう。

開催:不定期(ウェブで確認を)

バーモンドジー・スクエア・アンティーク・マーケット|Bermondsey Square Antiques Market

ここでは、朝の光を浴びた陶器、銀製食器、ガラス製品などを見つけることができる。早く行くと、ジュエリー、18世紀のイタリア絵画、フランスの地図などを、掘り出し物価格で、誰よりも早く見つけられるかもしれない。1855年にマーケットが始まって以来、ロンドン人の買い物のスタイルは劇的に変化した。しかし、ここで埃(ほこり)まみれの掘り出し物を探していると、ディケンズの小説に入り込んだような気分になる。

開催:毎週金曜日6時から14時まで

ブリック・レーン・マーケット|Brick Lane Market

関連するキーワード