647view

タイムアウトシカゴが、2018年のタイムアウト都市ランキングで1位に輝いたシカゴの魅力を紹介。

グルメの選択肢が豊富。

シカゴは、ただ全てが揃っているという理由で最高の都市に選ばれたわけではない。グルメ部門では、テルアビブに続き2位に選ばれた。この結果には、誰もが納得しているだろう。シカゴには、世界でも最高峰のレストランとバーがある。新しい店は、毎週、次々にオープンしている。多様なシカゴの街には、タコスやタマルから、5品のテイスティングコース、本格的なインド料理まですべてが揃っている。今回の調査で、平均的なシカゴ人は、週に1度はほぼ外食をしていて、36パーセントの人が、席を確保するために1時間以上は並んでいるということが明らかになった。好きな食べ物を聞く質問には、ピザ(驚きだが)、僅差でタコス、ハンバーガー、寿司が続いた。

どの街角にも、カルチャーがある。

シカゴは、カルチャー部門では、4位にランクインした。シカゴの住民は本当に、美術館や博物館、公園、劇場、そのほか思考を刺激されるような施設の恩恵を受けている。調査によると、平均して、シカゴ人は月に1度はコンサートに行っているようだ。好きな施設は、フィールド・ミュージアムと、アート・インスティチュートという結果がでた。シカゴ人は、総じて文化的に豊かだと言えるかもしれない。

人々がフレンドリーだ。

アメリカ中西部の人々について、ステレオタイプだけれども、事実なことがひとつあるとすれば、それはこの地域の人々がすごくフレンドリーということだ。それは、シカゴでも例外ではない。次の人のためにドアは押さえるし、「プリーズ」や「サンキュー」も言う。些細(ささい)なことでもクッキーを焼く。このようなシカゴの人々が元々持ってる温かさと、たくさんの社会的活動があることが相まって、シカゴで友達を作ることは簡単だ。友達の作り易さでは、9位にランクインしている。

金銭的に無理なく過ごせる街だ。

シカゴのような大都市に住むことは安くはないというのは事実だろう。しかし、世界のほかの都市と比べて、81パーセントのシカゴ人がこの街の経済に満足しているようだ。シカゴは、フィラデルフィアに続いて、世界で2番目に金銭的に無理なく過ごせる街としてランクインしている。そして、シカゴでの暮らしに掛かっている金額に対して、値打ちがあると思っているだろう。

人々がハッピーだ。

シカゴは、世界で7番目に幸せを感じている街に選ばれた。気温が氷点下になってしまうのは置いといて、91%のシカゴ人が、自分たちが住んでいる街を愛していて、シカゴ人であることを誇りに思っている。さらに素晴らしいことに、シカゴの人々は今のままで居ることに、心地良さを感じているようだ。91パーセントの人が認められていると感じているという結果も出た。

住みやすい街である。

最後だが、これも重要なことである。シカゴは、生活し易い街だ。このことが、シカゴの人が心から街を愛している理由なのかもしれない。56パーセントのシカゴ人が、5年後もシカゴに住んでいるだろうと思っている。ショックなことに、たった4パーセントしか、公共交通機関に不満をもっていないのだ。移動し易い街としては、5位に位置しているのも納得だろう。また、シカゴ人が最も気にしているのは、安全性と犯罪についてで、よく理解できる結果だった。にもかかわらず、非常に多くの住民がシカゴに住んでいることを誇りに思っているということが、この街の将来を約束しているだろう。

関連するキーワード