3028view

タイムアウトシンガポールが、シンガポールでひとりでいるとつらいと思うことを紹介。

8. 街角アンケートの勧誘

声をかける側も、誰かと一緒の人には声をかけないようだ。一人で歩きだした瞬間、保険の勧誘、芸能事務所のスカウト、アンケートの調査員に声をかけられることを覚悟しよう。

9. 結婚についての質問

「いつ結婚するの?」という質問はたびたび聞かれ、すでに飽きているかもしれない。しかし、答えるのであれば、「叔母さん、相手がいないんだよね」というのはどうだろうか。

10. ひとり席を頼むこと

レストランやバーに入り、ひとり席テーブルを用意してもらうことは、つらいかもしれない。じろじろ見られることや、当惑したウェイターを気にする必要はない。存分に味わえばいい。

11. 恋人がいない人の数

シンガポールで恋人がいない人は、200万人にもなるそうだ。まだ誰も魅了していないのだろう。少なくとも、ひとりでいることに関しては、みんなと一緒だからひとりではない。

関連するキーワード