517view

タイムアウトロサンゼルスが、ロサンゼルスにある歴史を感じられる魅力的な場所を紹介。

エンジェルス・フライト|Angels Flight

1901年に創業したケーブルカー。ヒル・ストリートとオリーブ・ストリートを結ぶ急な坂を上流階級の乗客を乗せて運行している。安全対策を施すために4年間閉鎖された後、最近運行が再開された。オリベットとシナイと名付けられた2台の車両が再び298フィート(約91メートル)の坂を往復している。短い道のりではあるが、運行は1億回を超えている。

戦艦アイオワ|Battleship Iowa

「大統領の戦艦」として知られている戦艦アイオアは、フランクリン・ルーズベルト大統領がチャーチルとスターリンとの会談のために大西洋を横断した際に使われたこともある。その後、1980年代にジョージ・H・W・ブッシュ大統領によって再就役された。現在はサンペドロにある米国太平洋戦艦のかつての本拠地に、恒久的に係留されており、米海軍博物館として機能している。

ドジャー・スタジアム|Dodger Stadium

野球ファンであればドジャー・スタジアムへの訪問は死ぬまでにしたいことリストに載っているだろう。しかし、メジャーリーグで3番目に古い球場と知れば歴史マニアもリストに追加したくなるのではないだろうか。このスタジアムは、アメリカ最大級のミッドセンチュリーのモダン建築の代表作であり、設計はディズニーランドのトゥモローランドからヒントを得ているとも囁かれている。

Photograph: Courtesy CC/Flickr/Frederick Dennstedt

イームズ・ハウス|Eames House

イームズ・ハウスの色付きガラスと四角い形状は印象的で、強く人目を引く外観である。この建築的に優れているランドマークは、1949年にチャールズ・イームズとレイ・イームズ夫妻によって設計および建設され、1988年にレイが他界するまで住いとして使われていた。内観を見学するツアーを予約するのは簡単ではないが、各自で回る外観の見学(10ドル、約1,100円)の予約は難しくない。

エル・プエブロ・デ・ロサンゼルス・ヒストリカル・モニュメント|El Pueblo de Los Angeles Historical Monument

ロサンゼルスにあるこのスペイン人開拓地を訪れると、過去へ遡った感覚にとらわれる。歩行者広場とオルベラ・ストリートの市場の周辺には、歴史的建造物がいくつか立ち並んでおり、古いものでは、1818年に建てられた建物もある。最も古い建物であるアビラ・アドビはロサンゼルス元市長に指示によって建設され、軍司令部として機能したこともある。22室あるセプルベダ・ハウスも一見の価値がある。住居とオフィス事業所双方としての役割をもち、独特な三角の屋根切妻を持つイーストレイク調デザインと湾を望める2つの大きな窓はかなり印象的だ。

ギャンブル・ハウス|Gamble House

ここはその名の通り、元来プロクター・アンド・ギャンブルの富を引き継いだ後継者のために建設された。1908年、建築事務所であるグリーン・アンド・グリーンによって設計された。美術工芸的な視点でも、稀に見る傑作でといえる。チークとマホガニーを施した木造、面白いジグザグな階段、精巧な鉛入りアートガラスなどが注目するべきポイントだ。いくつかのガイド・ツアーがあり、それぞれ建物の様々な側面にフォーカスしている。建物の細部や建具にフォーカスしたツアー、電灯設備にフォーカスしたツアー、普段はロープで仕切られている先まで見学できるツアーなどがある。

ゲティ・ヴィラ|Getty Villa

関連するキーワード