1476view

タイムアウトマイアミが、金曜日から日曜日までの48時間を使って、マイアミを楽しむ方法を紹介。

ウィンウッドは、アートで盛り上がりをみせる地区として注目を浴びたが、今では、夜に遊べる場所としても知られている。グランプス(Gramps)へ行けば、この界隈のアートな雰囲気で遊ぶことができる。ほとんどの土曜日には、南国風の裏庭で、DJの音楽を楽しむことだできる。このエリアは、バーをハシゴするのにぴったりだ。NW24thストリートだけでも、ラケット(Rácket)やJフェイクフィールド・ブリューイング(J.Wakefield Brewing)などのおすすめの店が揃っている。

日曜日の朝

ヴィスカヤ(Vizcaya)には圧倒されること間違いなしだ。ここは、1914年に建設されたイタリアのルネサンス様式のヴィラだ。魅力的な庭園、噴水、プールを散策するうちに迷子になるかもしれない。ビスケーン湾からの景色はこの街で最高の眺めに値する。この場所で、古き良きマイアミを楽しむための時間を割いてもまず後悔することはない。

日曜日の昼

新しいブリッケル・シティー・センター(Brickell City Centre)は、行っておくべき場所だろう。残り少ないマイアミでショッピングを楽しむのにぴったりの場所だ。マイアミで散財していたとしても、建築的な面白さもあるので、散歩をするだけでも楽しいかもしれない。食事の選択肢も豊富だ。タコロジー(Tacology)で、メキシコ料理を食べるのがおすすめだ。イタリアをテーマにしたフードホールがこの数ヶ月内にオープンする予定。

日曜日の夜

帰途の前には、この街の数あるモヒートの中でもイチオシを楽しめるボール&チェーン(Ball & Chain)へ行くのがおすすめだ。カエ・オチョの中心にあるこの店では、キューバン・マイアミ料理をレトロなインテリアの中で、サルサのライブを見ながら楽しむことができる。裏庭に回って葉巻でも買い、夕陽が夢見るような紫色のオレンジに変わるのを一望しよう。また戻ってきてね、と言いたいけれど、そんな必要もないかもしれない。

関連するキーワード