2948view

タイムアウトニューヨークが、ニューヨークのちょっと変わった場所にある隠れ家的レストランを紹介。

ディナーテーブル|dinnertable

「ディナーテーブル」は、流行している「レストランの中の飲み屋」ではなく、その逆の「バーの中のレストラン」だ。バーであるギャレット・イースト(Garret East)の先に、レストランがある。途中、バーで一杯飲んでもいいかもしれない。レストランでは、ディルとワサビ味の卵やスペイン産キャビアなどの小皿料理の他、豚バラ肉のユズ風味はまぐり添えなどを楽しむことができる。

ガオンヌリ|Gaonnuri

この店は、コリアンタウンに数多あるレストランのどれよりも、文字通り「上」に位置している。ガオンヌリは、なんの特色もない高層ビルの39階にあるレストランで、伝統的な韓国料理を素晴らしい景色と共に楽しめる店だ。メニューは、定番のチャプチェから、スンドゥブや焼肉まであり、見晴らしの良さだけではなく、料理も美味しい。

ボヘミアン|Bohemian

グレート・ジョーンズ・ストリートの肉屋の奥にある日本食レストラン。長年続いている隠れ家レストランの草分け的な存在だ。予約は既存顧客からの紹介の場合のみ可能。店に入る時は、インターホンで連絡する必要がある。店内は、ラウンジのような雰囲気で、絶賛されているとろけるような刺身、それと同じように柔らかい牛肉を味わおう。

メスカレリア・ラ・ミラグロサ|Mezcaleria La Milagrosa

ウィリアムズバーグにあるこの店の入口は、グローサリー・ストアになっているが、冷蔵ケース横切り、奥に進むと、メスカル酒とセビーチェを楽しめるメキシコスタイルのカストロパブが控えている。グアバやタマリンドなどのマルガリータがおすすめ。飲んだら、あとはDJがかける音楽に身を任せるだけだ。

バー・セントレイル|Bar Centrale

ヘルズ・キッチンのレストラン街にあるこの店は、小さくて看板もない秘密の隠れ家だ。店は、改修した集合住宅の中にあり、観劇前に食べるのにぴったりな、オイスター、ヘラチョウザメのキャビア、ロブスターとカニのサンドイッチなどがある。フライドチキンや、海老とキノコの餃子、ベジタリアンサモサもおすすめだ。ミュージカル「グレイト・ホワイト・ウェイ」のチケットのように、この店の席も取りづらい。予約を忘れずに。

ガネーシャ・テンプル・キャンティーン|Ganesh Temple Canteen

1993年に伝統的なヒンドゥー・スタイルの食事を提供する為、フラッシングにオープンした。次第に食通の間で大人気となり、スペースを広くするため、寺院の地下から近くのコミュニティー・センターへ移転した。ドーサ、ウタパム、カレーなど、南インドの味がいつでも楽しめる。

ラパート|L’Appart

関連するキーワード