3982view

タイムアウトニューヨークが、ニューヨーク州の話題のリゾート地、キャッツ山地の魅力を紹介。

ハドソン川の渓谷が山々と出会う場所である

キャッツキル山地の魔法は、すべて森林、渓流、峰、農場、岩礁、滝といった夢のような眺望から始まる。 ドライブをしながら、景色を満喫しよう。

泊まって楽しいデザインホテルがある

古いモーテルやリゾートなどいくつかの既存施設が、楽しい雰囲気のデザインホテルへ生まれ変わっている。リニューアルに関わっているのは、ニューヨークのヒップなデザイナー達だ。ハンターにあるスクリブナーズ ・キャッツキル・ラウンジでは、ロフトベッドにボヘミアン模様の布がかかっていて、夜には焚き火が燃やされる。フェニキアにあるグラハム&コーでは、遊び心あるおもてなしが受けられる。無料の自転車レンタル、バドミントンコートがあり、部屋には、チボリ・オーディオのラジオ、「キャッツキル山地 VS ハンプトンズ」のTシャツが置かれている。

アウトドアの遊びが充実している

キャッツキル山地周辺の水系は、静かなフライフィッシングから、アドレナリンが出るよう急流のラフティングまで、様々なアウトドアでの遊びを可能にしている。ラフティングをするのであれば、ランダーズ・リバー・トリップスなどの用品店のプランを利用しよう。フライ・フィッシングが好きであれば、フライ・フィッシング・センターへ行こう。キャッツキル山地は、アメリカでのフライ・フィッシングが発展した場所だ。併設されているミュージアムも是非のぞいてみよう。

ファーム・トゥー・テーブルの店が至る所にある

キャッツキル山地は、都市生活を離れ、田舎を満喫するには絶好の場所だ。近頃では、地元の野菜、肉、チーズ、魚を使った美味しいものを供するレストランが増えてきた。ハムデンのラッキー・ドッグ・カフェ(Lucky Dog Café )、リビングストン・マナーのザ・タバーン・アット・ザ・美味しいものを提供するアーノルド・ハウス(the Tavern at The Arnold House)、ナローズバーグのヘロン(Heron)などがおすすめだ。

アンティーク収集家の夢の場所である

キャッツキル山地は様々なアウトドア・スポーツが出来ることで知られているが、このエリアでのインドアな「公式スポーツ」といえば、アンティーク探しかもしれない。ロックスベリーにあるアンティークス・アット・リックズ・バーン(Antique’s at Rick’s Barn)では、アメリカとヨーロッパのアンティーク家具を、フェニキアにあるミステリー・スポット・アンティークスでは、あらゆる古いものや変わったものが手に入る。

風景画家たちのインスピレーションになった

19世紀、ニューヨーク・シティの風景画家たちは、キャッツキル山地の風景を崇高なものとして見ていた。非常に触発された彼らは、新たな様式の美術運動として、ハドソン・リバー派を形成した。この運動の創始者とされるトマス・コールと、第二世代であるフレデリック・エドウィン・チャーチ、サンフォード・ロビンソン・ギフォードは、キャッツキル山地の美しさ、アメリカの自然の美しさを大きな風景に描いていた。トマス・コール・ヒストリック・サイトからスタートするハドソン・リバー派のアート散歩では、絵画に描かれた場所について詳しく知ることができる。

ウッドストック開催の地へ巡礼できる

1969年のウッドストック・コンサートが実際に開催されたのは、ウッドストックではなく、べセルという街に近い農場だった。開催の地に行って、時代を作ったヒッピーやロッカー達に敬意を表そう。この場所には、ウッドストック・コンサートのついてのインタラクティブな展示を行う博物館がある。

関連するキーワード