2402view

タイムアウトシンガポールが、24時間でソウルを最大限楽しむ行程を紹介。

23時から2時:東大門で深夜の買い物と夜食を楽しむ

ソウルの24時間営業のショッピング街として知られている東大門は、夜のショッピングスポットとしてだけでなく、ソウルで最も安いストリートフードが集まっている場所としても知られている。午後10時から、東大門史文化公園駅(10〜3番出口)の周辺、東大門デザインプラザの裏手に、売り手が集まりTシャツ、アクセサリーなどを売り出す。クレジットカードは多くの店で使えないので、現金を持っていこう。

2時から4時:カクテルを好きなだけ飲む

どのカクテルを飲めばいいか迷ったとしても大丈夫だ。梨泰院(イテウォン)には、多くのバーがあり、いつ行っても、ほとんどが飲み放題だ。25ドルほどのチャージを払ったら、あとは好きなだけ飲もう。

4時から6時: マルチバンでカラオケ、映画、ゲームを楽しむ

あなたとあなたの友人はおそらく十分に酔っていて、夜はくつろぎたいところだろう。 マルチバンには、カラオケ部屋、DVD室、PC室、さらには仮眠部屋があり、24時間営業している。 弘大(ホンデ)にあるマルチプラス(Multiplus)は、カラオケ、映画、Wii、ボードゲームなどを提供している。旅の後に、プライバシーを守り、睡眠を取ることができる場所としても重宝する。

6時〜9時:チムジルバンでリラックスし、身体をリセットする

チムジルバンを訪れることなくソウルへの旅行は完了したと言えないだろう。ドラゴン・ヒル・パ(Dragon Hill Sp)よりも本格的なチムジルバンは無いかもしれない。 発汗室、サウナ、バスタブ、ヘルスセンター、スイミングプールなどの基礎を完備しており、アーケード・ゲーム、映画館、レストラン、マッサージチェアもある。

関連するキーワード