2012view

タイムアウトニューヨークが、年明け早々から大寒波に見舞われているニューヨークより暖かい極寒の地を、自虐的に紹介する。

フォッシル・ブラフ・ステーション(南極大陸)

普通は、南極大陸にいたいと望むニューヨーカーを見つけるのは難しいだろう。しかし、ニューヨークの気温がマイナス6.7度を下回った1月2日は違ったかもしれない。南極のフォッシル・ブラフ・ステーションの気温が、ニューヨークよりも高かったのだ。ここ数週間、氷の世界にいるように寒かったニューヨークと比べると、南極のこの場所の方が過ごしやすいように思えてくる。

Photograph: Public Domain

エドモントン(カナダ)

エドモントンでは、悪天候を理由に大みそかのイベントが中止になった。その時の気温はマイナス20度台だったが、その後に気温が上がり、1月2日にはマイナス1度代になった。

Photograph: Courtesy CC/Wikimedia Commons/dconvertini

モスクワ(ロシア)

1月2日のロシアでは、小雨が降っていた。雪ばかり見ているニューヨーカーたちが、忘れかけているものだ。

Photograph: Pixabay

アンカレッジ(アメリカ)

アンカレッジは、アメリカで最も寒い州だが、年始の気温は、4~10度だった。ニューヨーカーが耐えている気温のなんと2倍もあった。

Photograph: Pixabay

レイキャヴィーク(アイスランド)

実際は氷ばかりの土地ではないアイスランドは、その不適切な国名で有名だ。年始は、凍りつくほどの天気にはならなかった。ニューヨークは、一時的に、アイスランドと名乗ったほうがいいのではないか。

Photograph: Courtesy CC/Flickr/dconvertini

ヘルシンキ(フィンランド)

年始のヘルシンキは、4.4度だった。一方でニューヨーカーたちは、涙管も凍るような寒さなので泣くことすらできない。

Photograph: Pixabay

関連するキーワード