728view

クリスマスや新年に飲み過ぎたことを反省し、1月をドライニュアリー(Dryuary/飲まない月)にしている人たちへ向け、タイムアウトニューヨークがおすすめのノンアルコール・カクテル(モクテル)を紹介。

タヒチアン・コーヒー(スローリー・シャーリー|Slowly Shirley)

フランス領ポリネシアの晴れた朝を彷彿とさせるモクテル。2人用で、パッション・フルーツ、グアバのピューレ、濃縮させたコールドブリューコーヒーが入っている。ランの花も飾られ、(健康的に)気持ちが盛り上がる飲みものだ。

Photograph: Courtesy Slowly Shirley

チチャモラーダ(セン・サカナ|Sen Sakana )

チチャモラーダは、ペルーで古くから飲まれているジュース。鮮やかな赤紫色は、メインの材料である紫トウモロコシの色。リンゴ、シナモン、クローブ、パイナップル、しょうがなどと一緒に煮出され、バランスの取れた深い味になっている。

Photograph: Courtesy Sen Sakana

ファームステッド(ピンチ・チャイニーズ|Pinch Chinese)

ウイスキーベースのカクテル「オールド・ファッションド」に見えるが、そうではない。ウイスキーの代わりにスモーキーな茶のラプサン・スーチョンが、角砂糖の代わりには糖蜜が、それぞれ使われている。ひと振りのリンゴ酢が、鋭さを加えている。まるで、ドラマ「マッドメン」のドン・ドレイパーのようだ。ノンアルなので、クレイジーさはない。

Photograph: Courtesy Pinch Chinese

ベイカーズ・ダズン(ザ・ボニー|The Bonnie)

このノンアル・カクテルの名前には、「ダズン(12個)」という言葉が使われているが、使われている材料は19種類だ。材料が多いからといって、流行りのスムージーのようにはなっていない。酸味の強い味を作り出しているのは、イチジクのガストリック、四川山椒、ライムジュース、キナ皮、コリアンダー、オールスパイスなどだ。

Photograph: Courtesy of The Bonnie

ザ・ナード・ショット(キャヴィアート|Caveat)

(カクテルを模した)モクテルのまがい物を出している店があった。ショット・グラスに入っているので、キャンディーを大人っぽく、好きなだけ食べることができる。ポッキーも付いてくる。

Photograph: Courtesy Caveat

関連するキーワード