1288view

1. セント・レジス・ロビー・ラウンジ|St. Regis Lobby Lounge

一人で飲みたい時、特にカクテルを飲む場合、ホテルのバーは最適な選択肢だろう。出張で来ているであろうビジネスマンのおかげで孤独を感じることはない。このバーでは、卓越したサービス、美味しいお酒、そしておひとりさまにとって大事なこととして、いくつかの座席のオプションがある。座り心地の良いソファ席またはテーブル席に腰かければ、優れたサービスを受けながら、放っておいてくれる。バーの椅子に座れば、初対面の人と会話を交わせるかもしれない。セント・レジスなので、やはりカクテルは決して安くはない。しかし、エレガントな装飾と素晴らしい接客に対して、少し多く支払っていると思えば大したことはない。

2. サッター・ステーション・タバーン|Sutter Station Tavern

ダウンタウンで仕事をしていて、気取らない場所でお酒を飲みたい時は、間違いない店だろう。昔ながらのこの酒場は、午前7時から開店している正統派のバー。手頃な価格の飲み物が揃っていて、ビリヤード台が2台ある。常連客が多く、彼らはフレンドリーだが、一人でいたい時には放っておいてくれる。

3. ベスビオ・カフェ|Vesuvio Cafe

ノースビーチにあるこの酒場は、有名なビート・ジェネレーションの顔が常連だったことで知られている。ジャック・ ケルアックがライ・ウイスキーを飲んでいた同じ場所で飲む、というだけで誰でも引き込まれるだろう。おひとりさまなら、上の階のロフトで外の通りや下のバーを眺められる席もおすすめだ。飲み物は美味しく、値段も適正。バーは年間365日営業しているので、休日でも、ひとり飲みを楽しめる。

4. ホテル・ビロン|Hotel Biron

名前に惑わされそうだが、ここはホテルのバーではない。ここはヘイズ・バレーの裏通りにある隠れ家的な居心地の良いワインバーだ。おひとりさまがワインをロマンチックに飲みたい時に選ぶような店だ。コルクの天井と煉瓦の壁の空間に浸りながら、豊富なセレクションのグラスワインを堪能できる。中には仲睦まじいカップルもいるかもれしないが、気前良く注がれたワインを何杯か飲めば、気にならなくなるだろう。もしかして、彼らに愛しさまで感じられるかもしれない。

5. アルルカン・カフェ|Arlequin Café

天気の良い夕方にワインか冷えたビールを飲みたくなった時は、ヘイズ・バレーにある、このカフェの裏庭ほど最適な場所はないだろう。パティオは周りを囲む木々や生い茂る葉のおかげでちょっとした秘密の花園のようで、サンフランシスコにしては広い。特に平日なら難なく座れる。酒と一緒に食事を楽しみたい人にはサンドウィッチとサラダもある。

6. メイヴェン|Maven

絶妙なクラフト・カクテルを気軽に飲みたいときは、ローワー・へイトにあるこの店がおすすめだ。なるべく早い時間帯の平日の夜に行けば、混雑を避け、バーまたはコミューナル・テーブルで並外れて美味しいカクテルを楽しむことができるだろう。酒だけでは空腹を感じる時は、絶品のバーガーもオーダーするといいだろう。

関連するキーワード