1373view

タイムアウトロンドンが、ロンドンで話題になった動物ネタで2017年を振り返る。

1. ダックスフントが大集合

ロンドン・ロウライダーズ(London Lowriders)というダックスフント好きのグループが主催しているイベント。タイムアウト・ロンドンが取材した9月には、50匹以上が集まった。イベントは、数ヶ月に一度のペースで、定期的開催されている。

2. 狼猫がイベントに登場

1月、ロンドンキャッツという猫のイベントに、リコイという種類の猫が登場した。オオカミのようなルックスが特徴。

3. イルカがテムズ川に出現

10月、テムズ川にイルカが出現した。イルカが発見されたのは、ライムハウス付近。このイルカは、残念なことに、数日後に死んでしまった。

A dolphin has been spotted in the Thames! | Time Out London - YouTube

出典:YouTube

4. ふわふわな犬や猫のイベントが開催

ギネスワールドレコーズが本の出版記念で開催したポップアップイベントに、ふわふわな毛を持った猫や犬が大集合。来場者は、かわいらしいチャウチャウ、プードル、ポメラニアン、メインクーンなどと触れ合った。

5. クリスマスセーターを着た犬が大集合

子供を支援しているNGO団体とレンタルペットアプリ運営会社によるコラボ企画に、クリスマスセーターを着た犬が300匹以上も集まった。目標だった世界記録も達成し、チャリティの資金集めもうまく行ったようだ。

6. パグカフェがオープン

ザ・ブック・クラブ(The Book Club)やパグス・アンド・パルズ(Pugs & Pals)が、パグとその飼主をターゲットにした期間限定のパグカフェをオープンさせて話題になった。今後も、いくつかのイベントが予定されている。

7. ミニ豚に会えると思ったら...

忙しく働く人達に癒やしを与えようと、昼休みにミニ豚と触れ合えるイベントが7月にマーチャント・スクエアで企画されたが、動物愛護団体の反対により、中止になってしまった。

関連するキーワード