1353view

タイムアウトニューヨークが、ホテル価格が高いマンハッタンのなかでも、比較的安く泊まれるおすすめホテルを紹介。

ハドソン・ホテル|Hudson Hotel

絶好の立地を思うと、ハドソン・ホテルの宿泊料金は2度見してしまうほど手頃だ。近辺のホテルとは比べものにならない宿泊料金で、セントラル・パーク、コロンバスサークル、ヘルズ・キッチンをはじめ、ミッドタウンのどこに行くにもアクセスが良い。フィリップ・スタルクがデザインした内装は、スマートであり、遊び心がある。広々としたロビーはまるで温室のようにツタで覆われている。季節限定だが、ルーフトップ・バーとテラス、プライベート・パークに直行すると、高層ビル群の眺望を楽しむことができる。好立地であること、ハドソン・バーや美味しいハンバーガーが味わえるハドソン・コモンのような施設があることで、客室の狭さは補えるだろう。

ザ・ジェーン|The Jane

ニューヨークでも比較的歴史のある建物であるバジェット・ホテルには、しょっぱい過去がある。1907年に出来た14階建てのこの建物は、船乗り組合の住居として使われていた。昔の列車の寝台からヒントを得ているという狭い客室は足りない点が多かった。しかし、バワリーホテルとマリタイムホテルを名ホテルにしたエリック・グッドとショーン・マックファーンが手掛けていることからも、このホテルが現代的かつ快適であることが分かるだろう。

オーチャード・ストリート・ホテル|Orchard Street Hotel

ロウワー・イースト・サイドほどニューヨークでクールな地区はない。その中心に位置するこのホテルに宿泊して、ニューヨークのトレンディーなショップ、ギャラリーやレストランに出かけみてはどうだろう。50ある客室はアメニティーが豊富に揃っているとは言い難いが、高層ビルからの展望が望める屋上テラスと好立地がそれを補って余りあるだろう。

ポッド・51ストリート|Pod 51st Street

マンハッタンで100ドル以下で泊まれる良いホテルはないと言う人は、ポッド51を知らないのだろう。アッパー・イースト・サイドの近くに位置するだけでなく、珍しい方法で宿泊できるホテルでもある。このホテル6つのポッド・スタイルの客室があり、それぞれの部屋には1人から4人が宿泊可能だ。こじんまりした客室だが、流行のカラフルな内装に窮屈さを感じることはない。客室には薄型テレビと無料Wi-Fiが完備されていて、カジュアルなカフェやルーフトップ・デッキのような施設もある。

ロウNYC|Row NYC

タイムズスクエアに近寄りたがらないニューヨーカーにとっても、観光客にとって利便性に長けているこのホテルは例外に思われているかもしれない。この小奇麗なホテルはお手頃なだけでなく、すべての地下鉄の路線からも近く、一日中楽しめるだけの施設がまわりに揃っている。ニューヨークを代表するルークス・ロブスターや、ダフ・ドーナッツなどの店が入っている屋内フード・マーケットであるシティー・キッチン、日中のコーヒーから夜のナポリタン・ピザまで提供しているディストリクトMなどが近い。ホテル内にはフィットネス・センター、サイクリング・スタジオと美容室もある。客室は質素だが、色鮮やかで清潔だ。

ザ・バワリ―・ハウス|The Bowery House

1927年の簡易宿泊所を改装したバワリ―・ホテルは卑俗な歴史込みで、これほどニューヨークらしいところはない。初期からある羽目板の張られた廊下と格子造りの天井がこのホテルで唯一豪華なところだと念頭に置いてくといいだろう。シングルルームは最大で35平方フィート(約3.2平方メートル)の広さしかなく、すべての部屋に窓がついているとも限らない。それでも、このホテルはソーホーとロワー・イースト・サイドのような賑わっているエリアの中心に位置する。壁にはヴィンテージ・プリントと歴史的な写真が飾られており、バスルームにはレイン・シャワーヘッドが付いている。バスルームは共同だが、男女分かれており清潔だ。共有部分には、チェスターフィールドのソファ、シャンデリアとレストラン「パール・アンド・アッシュ」も入っている広いテラスがある。ホテルは21歳以上しか利用できないことをお忘れなく。

ソーホテル|Sohotel

ソーホテルは「ニューヨークで一番古いホテル」と名乗りたがるが、その真意については定かではない。いずれにせよ、初期の宿帳は、19世紀の中旬まで遡れるので、そういうことにしておこう。昔の宿泊客だったウィリアム・アスターやジョン・L・サリバンは今のバックパッカーや学生の群集をあざ笑うかもしれないが、ソーホテルはダウンタウンの中心で、現代の旅行者を歓迎している。最近の改装によりいくつかの部屋で天窓が付き、黄色と青に配色されて、薄型テレビが付いた。そして、むき出しの煉瓦の壁と堅木張りの床は人気がある。エレベーターも冷暖房もないため、夏の旅行者は流れる汗に少し悩まされるかもしれないが、リトル・イタリー、ソーホー、チャイナタウンから近い立地にはそれを我慢する価値がある。

関連するキーワード