1507view

タイムアウトロンドンが2017年にインスタグラムで流行した食べ物やカルチャーを振り返る。

お酒を少なく、遊びを多めに

今年、ロンドン独自のアプレスキーのような遊び、つまり、適度に運動を楽しんでカクテルなどを飲むというスタイルの遊びが広まったようだ。夏、アリー・パリーには空気で膨らます大きな遊具が登場し、ショーディッチには、シャッフルボードのポップアップができた。ストラトフォードのルーフ・イーストは、ゴルフ、バッティング・マシーン、ローラーディスコ、そしてカーリング・レーン(暖かい時期には、芝生のボーリング)で遊べる。しかし、ロンドンでいちばん大きな子供たちは、バリー ・ボーラーソン(Ballie Ballerson)でダイビングをしているだろう。元々はダルストンで始まったボーラーピットのバーは、ショーディッチのボックスパークにポップアップで登場し、カーテン・ロードにさらに派手な店舗オープンさせた。静かな飲みの誘いに、「ちょっと体を動かせる?」という答えが帰ってきそうだ。

ハイブリッドフードに終わりがない

だから、クロナッツが終わって、ダフィンが野暮ったく見えたら、次はなんだろう?一見すると無関係な2つの料理を一緒にしてしまうことへのロンドン人の思い入れはまだ強いようだ。ヨークショア・ブリトーでは、ヨークショア・プディングに作った生地に、ローストした肉を巻いて、ルパート・ストリート・マーケットで販売した。ザ・サボイにあるコーヒーショップ「メルバ」では、アイスクリームを詰めたエクレアを「アイスクレア」として売り出した。ソーホーのチキンレストラン「マ・プリュッカー(Ma’ Plucker)」では、3種類のドーナツにフライドチキンを挟んで提供した。様々な組み合わせのハイブリッドフードはまだ出てきそうだ。

街中にイグルーが出現

家が好きな友達達のインスタで見られるように、2017年は、鉢植え植物の年だった。突然、シダや錆店の種類を知っていることがクールな事となり、おしゃれな植物店が街に多く見られるようになった。ダルストンには、サボテンショップのプリック(Prick)があり、ハックニーとブリック・レーンには、グレイス&トーン(Grace & Thorn)の支店がある。加えて、この流れに乘り、ヒップなカフェまでもが緑であふれるようになった。パーム・ヴォルツ(Palm Vaults )やボーン&ホリングワース・ビルディングス(Bourne & Hollingsworth Buildings)などを見ればそう思うだろう。

ロンドン人が園芸好きになった

家が好きな友達達のインスタで見られるように、2017年は、鉢植え植物の年だった。突然、シダや錆店の種類を知っていることがクールな事となり、おしゃれな植物店が街に多く見られるようになった。ダルストンには、サボテンショップのプリック(Prick)があり、ハックニーとブリック・レーンには、グレイス&トーン(Grace & Thorn)の支店がある。加えて、この流れに乘り、ヒップなカフェまでもが緑であふれるようになった。パーム・ヴォルツ(Palm Vaults )やボーン&ホリングワース・ビルディングス(Bourne & Hollingsworth Buildings)などを見ればそう思うだろう。

アートが遊び心いっぱいになった

息が詰まるようなギャラリーで見る油絵がアートのすべてではない。白い手袋を付けずに作品に触れられる環境を提供するような、インタラクティブな展示が街中に登場した年だった。ロンドン・デザイン・フェスティバルの一貫として、インカ・イロリは、ショーディッチで、鮮やかで、遊び心あふれるエステート・プレイグランドを発表した。カミーユ・ワララは、複雑な計算ばっかりしているシティの人々へ癒やしを提供した。リバプール・ストリート駅に設置された「ヴィラ・ワララ」は、白黒のパターンが印象的な大きなフワフワの城のような作品だ。スーパーフレックスの「ワン・ツー・スリー、スイング!」も忘れられない。テート・モダンのタービン・ホールで展示された作品だ。この超楽しい、複数のブランコを組み合わせた作品は、文化的な体験をしていると装いながら、楽しく遊ぶことを実現した。

Gema Faceさん(@gema.face)がシェアした投稿 -

関連するキーワード