1331view

タイムアウトバルセロナが、カタルーニャ州で行われるおすすめのお祭り、イベントを紹介。

バガとサンジュリア・デ・サルダニョーラのフィア・ファイア

12月24日の夜に行われる火祭りで、キリスト教伝来以前に起源するクリスマスの伝統行事。2015年、ピレネー山脈地域の他の火祭りとともにユネスコの無形文化遺産に登録された。バルゲダー地区のバガとサンジュリア・デ・サルダニョーラでは、丘の上にある大きなかがり火からトーチに火が着けられ、日没後、トーチを持った人々が丘を駆け下りる。それは目を見張る光景だ。村に到達すると、「フィアファイア、主キリストは藁の中でお生まれになった」と歌いながら、街の人々に火を分けて回る。

イグアラダの馬車パレード

動物の守護聖人とされた聖アントニウスの祭りは、1月17日に各地で行われる。主な行事は、動物が地域を3周パレードするというものだ。通常は馬が中心となり、多くの動物の飼い主たちが動物と一緒に教会を訪れて、司祭から祝福を受ける。最も有名なもののひとつが、1822年から毎年開催されているイグアラダのパレードだ。

バイスのカルソッツ祭り

カルソッツ(カタルーニャ地方の白ネギ)とそれを焼いた料理「カルソターダ」の人気は近年カタルーニャに広がっており、12月から3月の間に、メニューに加えているレストランも多くある。しかし、これはアル・カム地区のバイスという村から発端したことは忘れてはいない。その起源を疑うのであれば、1月の最終日曜日に行われる『カルソッツ祭り』に行くことをおすすめする。祭りではカルソッツが炭火で焼かれており、それを剥いて、ロメスコソースに付けて、下から頬張って食べる。やっぱり、実際に食べてみるのが一番だ。

シッチェスとビラノバ・イ・ラ・ジャルトルのカーニバル

2月、または3月初旬は、ヴェネツィア、リオデジャネイロ、ニューオーリンズなど、世界中でカーニバルが開催されている。同じ頃、ガラフ地区に属するシッチェスとビラノバ・イ・ラ・ジャルトルでは、スペインで最も有名で、人気があるカーニバルが開催される。シッチェスでは羽とスパンコールが街を埋め尽くし、ビラノバでは「コンパルサ(パレードするグループ)」とお菓子合戦が有名だ。

サン・ジョルディ

サン・ジョルディ(聖ゲオルギオス)はカタルーニャのキリスト教聖人。聖名祝日である4月23日には、カタルーニャ州のすべての町や村で祝いの行事が行われる。この日は薔薇と本の日とも呼ばれ、伝統的には男性が女性に薔薇をプレゼントし、女性が男性に本をプレゼントしてきた。ただ最近は、逆に女性が本をもらい、男性が薔薇をもらうことも増えてきたようだ。街はカタルーニャの旗を飾った薔薇や本の露店で溢れ、最も人気のある作家は多くのファンのためにサインを書き過ぎて、手の神経痛に悩まされることになる。

関連するキーワード