1735view

タイムアウトロンドンがヨーロッパ、アメリカ、メキシコにある犬やペットに優しいホテルを紹介。

メルキュール・ウォルトン・ホール・ホテル・アンド・スパ (ウォリックシャー /イギリス)|Mercure Walton Hall Hotel and Spa, Warwickshire

この4つ星のスパリゾートでは、一泊の宿泊料金に15ポンド(約2,300円)を追加すると、犬と一緒に滞在することができる。ペットは犬でなくても泊まることが可能で、過去にはイグアナと一緒に泊まったゲストもいたそうだ。典型的なイギリスの田園地帯にある巨大な美しい敷地では、人間、そしてもちろん犬も一緒に散歩を楽しめる。部屋にはペット向けのベッドも用意してくれるので、事前に犬のサイズを伝えるといいだろう。

ホテル・セント・ジェームス(パリ)|Hotel St James, Paris

この素晴らしい19世紀に建てられた城は、世界で初めての熱気球のための飛行場だった場所。今は、パリの中心部にある5つ星ホテルで、凱旋門もすぐそばにある。内装はワイルドで、ヒョウ柄のプリント、葉っぱの模様がいかにもペットに優しいらしい。この場所の歴史へのオマージュとして熱気球のデザインも取り入れている。ピルウという看板猫にも注目だ。ここへ動物を連れて行くには、宿泊料金へ加えて、一泊35ユーロの追加費用がかかる。料金には、清掃、寝具、ボウルが含まれている。ひとりでパリを満喫したい人のために、 ドッグ・シッティングのサービスもある。

バベット・グルスミデン(コペンハーゲン/デンマーク)|Babette Guldsmeden, Copenhagen

コペンハーゲン市内でも歴史的な地区にあるホテル。デンマークの王室一家が居住するアマリエンボー宮殿も近く、16世紀に作られた星型のカステレット要塞を一望できる。屋上のスパは、狩猟のロッジに北欧のミニマリズムが出会ったような内装が印象的。サステナビリティへのコミットもあり、最高のホテルだろう。ペットの追加料金は不要で、レストランでは犬の入店が許可されている。すべてをルームサービスに頼る必要がないのは嬉しい。

ザ・ドン・シーザー(セント・ピート・ビーチ/フロリダ)

最大2匹のペットと泊まる為の追加料金が一泊75ドル(約8500円)と高めだが、この禁酒法時代に建てられたピンク色のホテルを選ぶ価値は十分ある。ペットプランには、おもちゃや犬用ガム、犬に合わせたルームサービスが含まれている。犬用マッサージも135ドル(約15500円)で追加することができる。ドッグ・シッティングや散歩サービスもあるので、プールやジムで遊びたい時、ホテルのアイスクリームパーラーでアイスを満喫したい時などに利用するといいだろう。

ラス・ベンタナス・アル・パライソ(ロス・カボス/バハ・カリフォルニア・スル/メキシコ)|Las Ventanas al Paraiso, Los Cabos, Baja California Sur

ザ・ドン・シーザーのように、メキシコのこのホテルでも、犬マッサージ、犬用のルームサービス、部屋で遊べるアイテムなどが提供される。それに加え、犬のヨガである“ドガ”も受けることができる。“犬の執事”もいて、毎日ビーチへ散歩してくれたり、同じ時期に滞在している犬たちとのパーティーをアレンジしてくれることもある。犬が、五つ星の扱いを受けている間、飼い主もスパ、プール、ジム、ビーチサイドの小屋でリラックスしてもいいだろう。

関連するキーワード