567view

タイムアウトシンガポールがクリスマスの時期に行きたいインスタ向きのおすすめモールをガイド。

オーチャード・ゲートウェイ|Orchard Gateway

斬新で革新的なテーマで目立っているのが、オーチャード・ゲートウェイだ。なんと、クリスマスとSFを融合させてしまった。“真っ赤なお鼻なのトナカイ”が宇宙帽をかぶり、サンタさんは宇宙服を着ている。

ブギス・ジャンクション|Bugis Junction

ブギス・ジャンクションのメインアトラクションはモールの外にある。今年のクリスマス・ディスプレイは、買い物客の上に高くそびえる“レディー・ピンク”が印象的だ。青とピンクのライトは、居心地の良い雰囲気を作り出している。若いカップルなどにはぴったりの場所だろう。

サンテック・シティ|Suntec City

サンテックのクリスマスは子供達が興奮するだろう。パディントンやケアベアなど、人気の熊キャラクターをフィーチャーをした「ベアリーテイル」が開催されている。シンガポールでおそらく初となる“熊のパレード”も行われる。

ジェム|Jem

魔法を信じるのであれば、ジェムを訪れよう。なぜ毎年のこの時期が、最も魅力的なのかが分かるだろう。輝くユニコーンが天井からつられ、クリスタルボールのオーナメントもいい雰囲気だ。モールのいたるところに、輝く妖精のようなライトがあるので、スマートフォンのポートレートモードで撮影すれば、素晴らしい“ボケ効果”が得られるだろう。

アイオン・オーチャード

アイオン・オーチャードは、この時期になると、できるだけの努力をすることを惜しまない。今年、最も目立つのは、宝石ブランドのパンドラが装飾を担当した高さ20メートルにもなるローズゴールドのクリスマスツリーだ。

関連するキーワード