1375view

タイムアウトロンドンが、ロンドンの人気観光スポット「セント・ポール大聖堂」をガイド。

1. もう一つのセントポール大聖堂がある。

セントポール大聖堂の内部には、もう一つのセントポール大聖堂がある。 建築家のクリストファー・レンは、ロンドン大火事で破壊された大聖堂を建て替えるために新しい大聖堂を設計するように求められたとき、彼は壮大な計画を紹介する模型を作った。もちろん実際の建物のほうが傑作ではないが、模型でも魅力的ではある。トリフォリウム・ツアー(Triforium Tour)の一環としてトロフィー・ルームで見ることができる。

2016 Friends Tour of St Paul's Cathedral

2. 勲章受賞者だけ買えるお土産がある。

セントポール大聖堂のショップには、大英帝国勲章コレクションがある。これは、勲章を受賞したメンバーである場合にのみ購入できる素晴らしい贈答品だ。 大丈夫だ。キーホルダー、マグカップなど“普通の人”が買うようなものもある。もしくは、ウィキペデアで勲章を受賞した知り合いがいないか探してみるのもいいだろう。

3. 映画「メアリー・ポピンズ」にも登場する。

お土産といえば、実は、「メアリー・ポピンズ」のファンのための「フィード・ザ・バーズ・コレクション」シリーズがある。1964年に公開された映画では、セントポールの階段が魔法の歌の舞台として登場した。ただ、実際のシーンは、ロサンゼルスのディズニーのスタジオで撮影されたものだ。階段のひとつに座って歌を口ずさんでも、誰も気にしない。 あなたが初めてではないはずだ。どうやら「フィード・ザ・バーズ」はウォルト・ディズニーが好きだった曲のようだ。

(Mary Poppins - Feed The Birds (Tuppence A Bag - YouTube

出典:YouTube

4. 刺繍の祭壇正面は第一次大戦の軍人が作った。

セントポール大聖堂の祭壇正面には、第一次世界大戦後に戦争神経症になった軍人の治療の一環として作られた刺繍が使われてきた。 設置後、100年目となる2018年まで展示されている。

Lest We Forget - Sung Eucharist to Commemorate the Hundredth Anniversary of the Outbreak of World War I

5. 地下室にネルソン海軍卿が埋葬されている。

ネルソン海軍卿はセントポール大聖堂に埋葬されている。 軍役の後、彼の墓は特別に設計された床の穴を通って降ろされ、それ以来、大聖堂の地下の特別な部屋で眠っている。 ツアーで見ることが可能だ。

関連するキーワード