6479view

ロンドンから列車で行くおすすめヨーロッパ旅行をタイムアウトロンドンが紹介。

アヴィニョン(フランス)

出発駅:セント・パンクラス駅
利用鉄道:ユーロスター

所要時間:7時間
おおよその予算:56ユーロ(約7410円)
(片道、2等、事前予約)

行程:ユーロスターでセント・パンクラス駅からアヴィニョンTGV駅へ。
アヴィニョンの街の中心へはシャトル列車を利用(ユーロスターのチケットで無料乗車が可能)

ロンドンからフランスへ入ると、広がる畑と静かな村が続く。この可愛らしい景色を過ぎると、見えてくるのは、グルメ都市であるリオンやローヌ渓谷のブドウ畑だ。アヴィニョンに到着する前に、右手には中央高地、左手には雪がかかったアルプスを見ることができる。アヴィニョンは、中世の壁に囲まれたとても美しい都市だ。

セント・アイヴス(イギリス南部)

出発駅:パディントン駅
利用鉄道:コーニッシュ・リヴィエラ・エクスプレス

時間:6時間
おおよその予算:49〜109ユーロ(約6500円〜約14500円)
(片道、寝台一人)

行程:ロンドンからコーニッシュ・リヴィエラ・エクスプレスからイギリス南部のペンザンスへ。セント・アイヴスへはセント・アイヴス・ベイ・ラインを利用。

ペンザンスへ向かう途中、ウェストベリー・ホワイト・ホースを探してみよう。白亜質のソールズベリー平原にある巨大な馬の地上絵だ。リバー・テイマーにかかるイザムバード・キングダム・ブルネルが設計した有名な橋を渡ったあとには、コーンウォール州に入ったことを知らせるコーンウォール語の看板も見えてくる。列車は、セント・アイヴス湾沿いを進み、絵葉書のような完璧な風景の海沿いの街であるセント・アイヴスに到着する。

バルセロナ(スペイン)

出発駅:セント・パンクラス駅
利用鉄道:ユーロスター、アンテルシテ・ド・ニュイの寝台列車など


時間:2日間
おおよその予算:80ユーロ(約10500円)
(片道、2等、事前予約)

行程:ロンドンからユーロスターでパリへ。パリからラトゥール=ドゥ=カロルへは寝台列車を利用。ラトゥール=ドゥ=カロルからバルセロナへはで、ローカル鉄道でアンヴァイツグ経由して向かう。

高速のTGVより、もっと景色が楽しめ、安く行くことができる。ローヌ渓谷を通る時、いくつもの可愛らしい村が目に入る。雪景色のピレネー山脈を曲がる前に、フォワ城があるので見逃さないように。壮大なラトゥール=ドゥ=カロル駅からは、バルセロナまでは、揺られながら山々を下る3時間の旅だ。滝、丘の上の小さな家、古代遺跡に注目しよう。

ミラノ(イタリア)

出発駅:セント・パンクラス駅
利用鉄道:ユーロスター、TGV、ベルニナ急行

時間:2日間
おおよその予算:161ユーロ(約21300円)
(片道、2等、手数料や宿泊費は別)

行程:ロンドンからユーロスターでパリへ。パリからチューリッヒへTVGで行き、一泊。チューリッヒからミラノへはベルニナ急行で。

コモ湖沿いを進み、美しい緑の山々を入っていく。ティラノからは、荒廃したベルニナ・パスへの急な登りになる。大きな窓からは、霧に覆われたアルプスの眺め、広大なポスチアボ湖でもみの木が並んだ下りを過ぎ、6つのアーチが印象的な石灰岩で出来たラントヴァッサー橋など見える。ミラノに付いてからは、フィレンツェ、ローマまたはベニスへ高速列車へ行くのもおすすめだ。

フォート・ウィリアム(スコットランド)

出発駅:ユーストン駅
利用鉄道:カレドニアン・スリーパー

時間:13時間
おおよその予算:40ユーロ(約5300円)/リクライニングシート、80ユーロ(約10500円)/ベッドが2つある寝台、150ユーロ(約19800円)/ベッドが1つある寝台
(変更不可の事前予約)

行程:ユーストン駅から乗り換えなしで、フォート・ウィリアム駅へ

“シカ猟師”という別名がついているこの列車に乘りながら、美しいスコットランドで目を覚ますことは特別なことだ。しかし、スコットランドからロンドンへ戻る行程も素晴らしい。スコットランドの自然のままの景色に、寝る前のあなたは釘付けにするだろう。ごつごつした山々に接したローモンド湖や、ハリーポッターに登場した21のアーチが印象的なグレンフィナン陸橋も通る。湿地平野であるランノホ・ムーアにいる鹿にも注目しよう。

関連するキーワード