338view

タイムアウトニューヨークが、ローアーマンハッタンのクリスティ・ストリートの訪れるべき店をピンポイントでガイド。

ローアー・イースト・サイドは、元々、安売りの店が集まっているエリアだった。今では、若手クリエーターが作る現代アート、ジュークボックスにポップな曲が全く入っていなローカルバーで早朝4時まで踊ること、ヴィンテージ古着が好きであれば、訪れずべきエリアになっている。次にこのあたりへ行く場合は、クリスティ・ストリートを中心に歩いてみよう。ミレニアル・ピンクが印象的なフレンチレストラン、荒っぽいヨーロッパに雰囲気がする呑み屋、どんな人にもチャンスがあると感じされるような素晴らしい作品を展示しているギャラリーなどがある。

ル・タートル|Le Turtle

このエリアで行くべき、ピンクのライトが輝くシックなレストラン。とても魅力的なリングイネ・カルボラーナ、ベーコン・マーマレードでコーティングされたホタテがおすすめだ。

セル・ローゼ|Sel Rrose

飲みに行くのであれば、パリのカフェのような隠れ家的なこの店で、ワインを飲もう。オイスターもある。タイムを漬けたラム、メスキート・蜂蜜のシロップ、ライム、スパークリングワインのカクテルであるフレンチ27もおすすめだ。

ザ・ロッジ・ギャラリー|The Lodge Gallery

現代アート作品を展示しているアートスペース。2017年12月17日までは、今のブルックリン、クイーンズ、ブロンクスが描かれたニューヨークのアーティストによる風景画を展示している。

関連するキーワード