630view

タイムアウトシカゴが、高級ホテルからヒップなホテルまで、シカゴのおすすめホテルを紹介。

1. ペニンシュラ・シカゴ|Peninsula Chicago

傑出したアートコレクション、受賞歴もあるスパやフィットネスセンターまで、徹底的にラグジャリーにこだわったホテル。客室内のベッドサイドにはハイテクなコントロールパネルがあり、ロビーではアフタヌーンティーが楽しめ、バーには壮大な暖炉がある。これらは、このホテルで体験できる優れた点の一部だ。

2. ランガム・ホテル|Langham Hotel

シカゴ川とミシガン湖の眺め、一流のレストラン、大規模な宴会場、316室の広々とした客室とスイートなどを誇るホテル。このホテルが、しばしばアメリカでも最も優れているホテルのひとつとして語られることは驚くべきことではない。このホテルは、世界で唯一、ミース・ファン・デル・ローエがデザインした建物で営業しているホテルでもある。

3. ソーホー・ハウス|Soho House

見ることにおいても、見られることにおいても、ソーホー・ハウス・シカゴほど“良い景色”がある場所はないだろう。このホテルに泊まるために、クラブやジムのメンバーになる必要はないが、チェックインすると、ボクシングがメインのジム、クラブ、屋上プールやレストランなど、ゲスト専用のスペースにアクセスできる。客室で印象的なのは、天蓋付きのベッド、ふわふわした白いリネン、インダストリアルなデザインの窓、充実したミニバーなど。ホテル内には、2つのレストランがあり、食事のために、建物から出る必要はないだろう。

4. シカゴ・アスレチック・アソシエーション|Chicago Athletic Association

1890年代の雰囲気が復元されたシカゴ・アスレティック・アソシエーションは、控えめに言っても美しい。是非、241ある豪華な部屋のひとつに滞在しよう。アスレチック協会があった当時にタイムスリップしたような気分に浸れるだろう。ルーフトップにあるレストラン、シンディーからは、ここでしか見れないミレニアムパークとミシガン湖の景色を体験できる。さらに、素晴らしい料理やドリンクの選択肢としては、シェリー・サークル・ルームやシェイク・シャックまである。ゲーム・ルームもおすすめだ。バッチボール、シャッフルボード、ビリヤードを、カクテルを飲みながら楽しもう。

5. エース・ホテル・シカゴ|Ace Hotel Chicago

ウエスト・ループで盛り上がりを見せているフルトンマーケット地区に位置するホテル。グーグルの建物は目の前で、グリーンラインの駅もすぐ近くだ。シカゴの最初のエースホテルは、ユニークで、食事の楽しみも多い、地元民や観光客が真っ先に集まってくる場所と言える。客室はミニマルかつモダンに装飾されていて、レトロな演出として、ターンテーブルや小さいが良く選ばれたレコード棚もあり、好きな音楽を楽しむことができる。館内にあるシティー・マウスは、朝食、ランチ、ディナーを提供している。監修しているのは、ローガン・スクエアあるジャイアントを手掛けたメンバーだ。シカゴが発信する最新かつ、素晴らしいトレンドをキャッチするのであれば、エースへ滞在するのがベストだろう。

6. ザ・ジェームス・ホテル|The James Hotel

デザインホテルとラグジュアリーホテルのシームレスな融合したようなホテル。リバー・ノースのミシガン・アベニューからすぐのところにある。ホテル内には、地元アーティストや国際的に著名なアーティストによるアート作品が飾られている。24時間営業のフィットネスセンター、フルサービスのスパ、ステーキハウス、クラフト・カクテルが楽しめるラウンジがある。

7. ザ・パブリッシング・ベッド・アンド・ブレックファースト|The Publishing House Bed and Breakfast

大手の巨大ホテルやエアビーの部屋が台頭している世の中においても、古き良きベッド・アンド・ブレックファーストには、特別な何かがある。この場所で、花柄の壁紙と天蓋付きベッドを見つけようとは思わないように。古風で趣がありながら印象的な建物内には、居心地の良い部屋から巨大な部屋まで、11の客室がある。各部屋には、牛革のラグが敷かれ、猫脚のバスタブとファンキーなヴィンテージ家具が置かれている。朝はベッドから離れたくないと思うかもしれないが、朝食のいい香りに目が覚めるだろう。オーナーのカップルが、焼きたてのペストリー、新鮮なジュース、シリアルをブッフェの朝食を用意してくれる。日替わりのスペシャルメニューも付いてくる。現実の世界に戻る前に、ここで十分にエネルギーチャージするのがいいだろう。

関連するキーワード