645view

タイムアウトロンドン、本格シーズン到来前でもクリスマスを楽しめるロンドンのスポットを紹介。

1. ロンドン自然史博物館 アイスリンク|Natural History Museum Ice Rink

自然史博物館の美しい中庭にあるアイスリンクでアイススケートを楽しもう。揺らめく豆電球とど真ん中に印象的な木がある魔法のようなの場所で、スケートの腕を磨こう。氷の上で転ぶのが怖くても、ホテル・チョコレートの口の中でとろけるホットチョコレート、もしくはプロセッコなど、スケート以外の楽しみもある。

2. セルフリッジズ|Selfridges

もちろん、セルフリッジズはすでにクリスマス化されている。良いものが揃っていて、ショーウインドーは、サンタクロースでぎっしり埋まっている。それに加え、フードショップでは、食べて楽しむクリスマスメニューがベストラインナップで展開されている。伝統的にクリスマスの展開は10週間続くが、今年は少し長く内容も良くなっている。もし、食べることに罪悪感を感じるのであれば、早めのプレゼントショッピングを始めてしまおう。ベリーの花輪と、パーソナライズされたクリスマス用の袋も用意されている。

3. オックスフォード・ストリート|Oxford Street

ロンドンのクリスマスはオックスフォード・ストリートのライトアップ無しには始まらない。58年続いていて、飾り付けは1778個あり、750,000個のLED電球が使われている。ライトアップは11月7日からだが、すでに飾り付けは終わり、クリスマスが近いことを感じさせてくれる。インスタグラムにもぴったりの場所だ。

4. リバティ・ロンドン|Liberty London

すごく。たくさん。キラキラ。これらは、クリスマス時期のリバティを表現するベストな単語だ。豆電球と壁一面のツタと松の飾りが豪華だ。伝統的な木の玩具、大きなトナカイ、電話ボックスやロンドンバスなどロンドンらしいものをモチーフにしたクリスマス飾りを見逃さないように。

5. スカイライト|Skylight

タバコ・ドッグの屋上でスケート、アイスホッケーシュート、ストリート・フードを楽しもう。氷やライトだけで満足できなければ、チーズフォンデュを食べて、グルーワインを飲もう。屋外用のヒーターもある。

関連するキーワード