1164view

ニューヨーク市クイーンズのアストリア地区で行くべきショップやレストランをタイムアウトニューヨークがガイド。

ミュージアム・オブ・ムービング・イメージ|Museum of the Moving Image

マンハッタンからわずか15分で行けるこのミュージアムは、ニューヨークの最も“動きのある”施設だろう。3階建の建物には、展示スペースの他、最新設備が整った267席の映画館がある。映画作りのプロセスが学べる展覧会「ビハインド・ザ・シーン」、懐かしいテレビゲームで遊べる展示などが見どころだ。マペットのファンは、常設のジム・ヘンソン展のチェックも忘れずに。カウフマン・アストリア・スタジオの隣にある。

ザ・レットラブ・イン|The LetLove Inn

この昔ながらのジャズバーは、アストリアの知られざる秘密のひとつだろう。素晴らしいカクテルを作り、ビールとワインのリストも申し分ない。温かく向かい入れてくれ、居心地もよく、カバーチャージなしで、素晴らしいライブが見れる。月曜日の夜は、アダム・プラット・トリオ、火曜日はファンキーなサブトニック・スリーの演奏が聞ける。金曜日と土曜日の夜にはDJが入る。店名は、オーナーのお気に入りであるニック・ケイヴのヒット曲に由来する。

シングルカット・ビアスミス|SingleCut Beersmiths

クイーンズでは禁酒法前からドイツ移民によるビール醸造が盛んに行われていた。ここは、その流れを再び盛り上げているマイクロブルワリーと試飲室だ。試飲室には、25席があり、マホガニーの壁、レッドオークのロングテーブル、鉄のランプが印象的だ。その場で全部飲めなくても、グラウラー(持ち帰り瓶)でテイクアウトすることも可能だ。併設されたステージでは、生バンドによるパフォーマンスも行われる。

タベルナ・キクラデス|Taverna Kyclades

裏庭から聞こえるギリシア語の賑やかな会話が、ギリシア料理店が多いこの界隈でも、この店がより本格的な店であることを証明しているようだ。パリッとしたカラマリ、軽く揚げたいわし、ジューシーなグリルしたホタテなど、海沿いの店で食べているような新鮮で巧みに調理されたメニューが揃っている。デザートは、シナモンをまとったガラクトブレコ(カスタードのパイ)で、店からのサービスだ。

ザ・ストーンワーク|The Stonework

メンズ、レディースを扱うセレクトショップ。職人によるカスタム刺繍文字をオーダーすることが可能。好きな言葉をバンダナやジャケットに入れてもらうのもいいだろう。この店のオーナーは、ヴィンテージウェアのコレクターでもある。

ザ・ボニー|The Bonnie

レンガと木の内装の魅力的なガストロパブ。デートにぴったりの場所を探しているならここだ。お酒を飲むなら、フルーティーな「ボニー・ブランチ」などカクテルで始めるのがおすすめ。ディナーメニューは、チョリソ・コーン・ドッグやクリスピー・タコスなど、気取ってなくて食べごたえのあるものが揃っている。素晴らしいサービスと良い時間を過ごせる店だ。毎週木曜日の夜にはライブが開催される。

ハイファイ・レコーズ|HiFi Records

関連するキーワード