3193view

タイムアウトクアラルンプールが紹介する、安くて美味しいマレーシアのローカル飲みもの11選。

おしゃれな紅茶屋さんでハーブティーが出されるようになるずっと前から、クアラルンプールでは、移動屋台で飲める涼茶が楽しまれていた。涼茶は、ほとんどの病気(喉の痛みから風邪まで)を軽減すると知られている。このジャラン・スルタンの屋台では、冷えた朝鮮人参と菊のお茶か、漢方煎じ茶がオススメだ。

テ・オ・リマオ・アイス|Teh o’ ais limau

飲める店:レストラン・ビダーヤ| Restoran Al-Bidayah

紅茶とリマウという柑橘類の果物のジュースを混ぜた飲みもの。この店のは、甘さと柑橘のバランスがぴったりだ。そして、最も重要なのが、彼らはリマウをケチることはしないということだ。

テータリック|Teh tarik

飲める店:ワロン・ファウジア|Warong Fauziah

マレーシア風のミルクティーであるテータリックは、実は複雑な飲み物。適切な茶とコンデンスミルクの比率と、泡立ちを作り出すための正しい注ぎ方が求められる。完璧な一杯はクリーミーで甘い。過度ではないので紅茶の味は失われない。

コピ|Kopi

飲める店:レストラン・サン・ヤン・ルーン|Kopi at Restoran Sun Yin Loong

イポー・スタイルの(ホワイト)コーヒー。ホットまたはアイスあり、どちらもクリーミーかつミルキーで、少し苦い後味が残るのが美味しい。卵が乗ったトーストや有名なイポー・ロティ・カーウィン(カヤジャムとバターのサンド)も注文しよう。

シラップ・バンドン|Sirap bandung

飲める店:マンション・ティー・ストール|Mansion Tea Stall

この店のピンクの飲みものには、 テータリックのような泡があるが、コンデンスミルクではなく、ローズ・シロップが入っている。糖尿病のことは、いったん忘れよう。ミルキーで、気泡があり、“カワイイ飲みもの”に欲しいすべてがある。

関連するキーワード