792view

タイムアウトシカゴが、シカゴの街で、リラックスでる場所をピックアップ。大都会での瞑想に、ノマドワークに役立つ、11の静かな場所を紹介する。

1. プロモントリー・ポイント

ミシガン湖にある人工の半島。湖沿いを通っている道、レイクフロント・トレイルから行ける。ここから見えるシカゴの街の景色は素晴らしい。

2. ハロルド・ワシントン図書館のウィンター・ガーデン

シカゴ市が運営する図書館の本館にあるフリースペース。9階にあり、ガラス屋根からは自然光が入り込む。勉強している人や会話を楽しんでいる人たちがいて、それぞれが静かに自分たちの時間を過ごしている。

3. シカゴ文化センター

無料のクラシックコンサートや展覧会などが開かれる総合文化施設。プレストン・ブラッドリー・ホールのティファニー・ドームは圧巻。

4. ガーフィールド植物園

1908年にオープンした温室植物園。オープン当時は、「ガラスの下のランドスケープアート」と評された。世界中から様々な植物が集めらていて、なかには樹齢200年を超えるソテツもある。

5. ジャクソン・パークの大阪庭園

シカゴの南側にある公園。1893年に開催されたシカゴ万博の跡地。当時の日本パビリオン「鳳凰殿」を中心に日本庭園が広がっている。大阪市はシカゴ市の姉妹都市で、90年代前半にこの庭園が改修された際には大阪市が協力している。

6. モントローズ・ハーバー

コリンティアン・ヨット・クラブの拠点。700以上の停泊所があり、変わった名前のヨットをみつけながら散歩をすると楽しい。街の景色もよく見える。

7.シカゴ美術館のサウス・ガーデン

シカゴ美術館の南側にある公園。シカゴの街の中心部にありながら静かで平和な雰囲気が魅力。秋の紅葉も見もの。美術館を訪れたらぜひ訪れたい場所だ

関連するキーワード