1758view

イングランド北西部に位置する都市、マンチェスターでしかできないことを、タイムアウトマンチェスターがピックアップしている。

かつて寂れていた波止場が再開発され、カルチャーファンやスポーツファンが集まる場所として生まれ変わった。ウォーターフロント地区には、ザ・ローリー、帝国戦争博物館の北館、オールド・トラッフォードスタジアムなどがあり、メディア企業も集まっている。それぞれが徒歩圏内にあるというのが素晴らしい。ショップ、映画館、レストランもあり、夜には夜景もキレイだ。

8. ミイラを想う。

マンチェスター博物館には、16,000点を超える古代エジプト遺物のコレクションがある。人間のミイラは、ルクソールとテーベで出土されたものが20体ある。これらをただ素晴らしいと言うだけでは物足りないはずだ。横たわっているミイラに驚くだけではなく、その人がもつ物語を考えてみるのも面白いだろう。

9. 舵を取る。

1984年に完成したマンチェスター船舶運河は、当時は世界最大の運河で、40kmも内陸にあるマンチェスターの繁栄に大きく貢献した。ウオーターフロントの再開発もあり、航路としても再び盛り上がりを見せている。マージーフェリーはクルーズ船を就航、ワクシー(Waxi)という水上タクシーやナローボートも多く見られる。

10. 誇りに思う。

マンチェスターの有名なゲイ・コミュニティであるゲイ・ヴレッジは、長年、風当たりが強いことに苦しんでいたが、最近はいい流れが来ている。8月はマンチェスター・プライドが盛大に開催される。その他、年間を通して多くのイベントがある。マンチェスターのLGBTカレンダーは申し分ない状態だ。

関連するキーワード