352view

中国や台湾、華僑が多い国々では、10月上旬に中秋節を盛大に祝う習慣がある。2017年の中秋節は10月4日。タイムアウト上海が、中秋節に好んで食される月餅を買うべき店をピックアップしている。

ウージエ|Wujie|大蔬无界

上海で最も野心的なベジタリアン・レストランはデザインにこだわった中秋節向け商品を用意している。注目したいのは666グラムという大きな月餅をギフト用の箱に入れた「ザ・ムーンライト・トレジャー・ボックス」。月餅のなかには、野生の蜂蜜、蓮の種のペースト、卵黄を使ったフィリングが詰まっている。9種類の月餅がセットになった「ザ・ムーンズ・ポエム」もおすすめ。広州や台湾のスタイルで作られた味を少しずつ楽しめる。

ストリクトリー・クッキーズ|Strictly Cookies

中秋節の時期に登場する人気商品「ムーキーズ(Mookies )」が今年も帰ってくる。ピーナッツバターとジャム、タロとホワイトチョコレート、オレオチョコチップといったスイーツ月餅が用意される。

ザ・ペニンシュラ|The Peninsula

上海のペニンシュラホテルの月餅は、伝統的なカスタード味、ドリアン味、香り高いパンダンリーフ味の3種類。上海唯一の“ミシュラン二つ星”月餅だ。

ハーゲンダッツ|Häagen-Dazs

ハーゲンダッツが、中国でアイス版“ムーンケーキ”(英語で「月餅」を意味する言葉)を発売したのが1997年。それ以降、中秋節の定番スイーツとして受け入れられ、香港などでも売られている。セットで買いやすいものでは日本円で約3000円から。約15000円にもなる高級なものもある。味は、バニラ、イチゴ、ブルーベリー、チョコレートなど。

ハイアット・オン・ザ・バンド|Hyatt on the Bund

昔から中国にある月餅の味を求めるなら、ハイアットへ行こう。甘い月餅と甘くない月餅の両タイプがある。蓮の実の餡と塩卵の黄身、緑豆、蓮のペースト、乾燥ホタテのXOソース、ナッツ、カスタード、キャラメルゼしたかぼちゃの6種類が入ったボックスがおすすめ。

静安シャングリ・ラ| Jing’an Shangri-La

ギフトでも、家族向けのお土産でもそれぞれのニーズに合うような月餅が見つかるのがここ。味の種類は豊富だが、面白いのは、クランベリーと赤ワイン、ココナッツ、ブラックチョコレート、マンゴーカスタードあたりだ。

ウェスティン外灘センター|Westin Bund Center

ホテルの名前が示すように、赤ワインとグレープペーストやイベリコ豚など“西洋”を意識したフィリングの月餅が登場。買いやすいようにボックス・セットもある。

関連するキーワード