11266view

体に良い食料品や日用品を買いたい時に便利なのがオーガニックスーパー。欧米人が多いこともあってか、シンガポールには、オーストラリアの商品を扱う店が多いようだ。旅行者でも、民泊利用時の食材調達やお土産選びに使える5軒のオーガニックスーパーをタイムアウトシンガポールが紹介している。

ザ・オーガニック・グロッサー|The Organic Grocer

モハメド・スルタン・ロードにあるコロニアル様式のショップハウスにあるスーパー。シンガポールの商品に加えて、アメリカ、イギリス、オーストラリアからの輸入品も扱う。品揃えは生鮮から調味料まで幅広い。赤ちゃんや子供向けの商品もある。毎週水曜日と木曜日に新鮮な野菜が届く。

ブラウン・ライス・パラダイス|Brown Rice Paradise

体に良いものを買いたいと思っている人にとっては、天国のような店。幅広い自然食品、オーガニックをストックしている。棚には、ボブズ・レッド・ミル・ブランドなどのグルテンフリー、ウィートフリー商品もある。スキンケア、赤ちゃん向けアイテムも充実している。

ライアンズ・グローサリー|Ryan’s GroceryRyan’s Grocery

ビンジャイパークにあるお店。セバスチャンとウェンディーの夫婦がオーナーで、店名はグルテン不耐性である息子の名前から。そのため、グルテンフリーの商品が充実している。肉のセクションには、オーストラリア人の肉のプロがいて、有機飼育、抗生物質不使用、放し飼いの牛や豚の肉についてのアドバイスをしてくれる。

リトル・ファームズ|Little Farms

シドニーの高級グローサリーで働いていたフレッドがオーナーの店。その繋がりから、生鮮に加え、パスタ、牛乳、防腐剤未使用の肉など、オーストラーリアからの商品が充実している。シンガポールブランドのグルテンフリーや精製された砂糖を使ってないお菓子もある。

フォー・シーズンズ・オーガニック・マーケット|Four Seasons Organic Market

リバー・バレーにあるオーガニックスーパー。より多くの人が有害な化学物質や農薬の影響を受けないライフスタイル送れることを願ってオープン。ベビーフード、スプレーなどの掃除用アイテム、ヘルスケア、サプリメントなどが充実。小さいが、新鮮な野菜とフルーツも扱っている。パークウェイ・パレードにも支店がある。

関連するキーワード