1907view

テンダーロインは、サンフランシスコのユニオン・スクエア近くの地区。区切りとしてはパウエル駅からヴァン・ネス大通りあたりまで続くが、ほとんどのおすすめは、ラーキン・ストリートとレブンワース・ストリートの間に集中している。テンダーロインで一日を過ごす方法をタイムアウトサンフランシスコが紹介している。

8時:ミスター・ホームズ・ベイクハウス|Mr. Holmes Bakehouse

朝早くおきて、クラフィンの列に並ぼう。クラフィンはクロワッサンとマフィンをかけ合わせた焼き菓子。中にはクリームが詰まっている。クリームには、ハニーラベンダーやバーボンオレンジなどがある。

10時:テンダーロイン・ミュージアム|Tenderloin Museum

テンダーロイン地区の歴史を紹介する施設。最初のトランスジェンダーの反乱から、ジャズの黄金期まで、写真、絵葉書、レストランのメニューなどの資料を展示している。

11時:タートルタワー|Turtle Tower

ハノイ・スタイルの湯気立つフォーが美味しいお店。午後の為に食べておこう。二日酔いの養生にもなる。

12時:ハンサム・オックスフォード|Handsome Oxford

ヴィンテージのアメリカンウエアを中心としたセレクトショップ。商品を見ている間に呑むためのPBR(パブスト・ブルーリボン・ビール)を出してくれることもある。古いものが好きであれば、近くのレコードショップ「RS94109」もおすすめ。80年代〜90年代のヴァイナルが揃っている。

14時:ジェーン・オン・ラーキン|Jane on Larkin

ヒップなカフェで午後の軽食、または、大きなチョコレート・サワー・ドウを食べよう。朝ごはん向きの、スパイシー・ベイクド・エッグ、チア・プディング・パフェは一日中オーダーできる。

15時:ジェシカ・シルバーマン・ギャラリー|Jessica Silverman Gallery

2008年にオープンした現代アートギャラリー。今後注目するべき国内外のアーティストを紹介している。

17時:ブラック・キャット|Black Cat

ライブ演奏のジャズを聞きながら、ジンベースのカクテル、ビーズ・ニーズを飲もう。ブラック・キャットは、ライブスペースが2つあるトレンディーなヴェニューだ。

関連するキーワード