1480view

ピエロギは、東ヨーロッパで食べられる餃子のような料理。日本の餃子のイメージとは違って、ピエロギの具材になるのは、食事系から甘いもの様々。ウクライナやポーランドからの移民が多いニューヨークで、ピエロギが食べられるおすすめの店をタイムアウトニューヨークがピックアップしている。

ババズ・ピエロギ|Baba’s Pierogis

この店でピエロギを包むのは、サンセット・パークで育ったヘレナ。レシピは彼女の父親から引き継だもの。ピエロギの具は、伝統的なじゃがいもとチーズから、今風のマカロニ・アンド・チーズ、チョコレート・ヘーゼルナッツなんかもある。

@babaspierogiesがシェアした投稿 -

ビー・アンド・エイチ・デーリー|B&H Dairy

1930年代からイーストビレッジにあるコーシャーレストラン。茹でたピエロギと揚げたピエロギはどちらも最高。リンツ、ボルシチ、ハッラーなどもおすすめ。

ブルックリン・バヴァリアン・ビアガーデン|Brooklyn Bavarian Biergarten

パークスロープにあるドイツビールとドイツ料理の店。ここのピエロギは、チーズが入ったものか、じゃがいもと玉ねぎが入ったものがある。バターでソテーされ、飴色玉ねぎ、サワークリームが添えられている。ドイツスタイルのパンもついてくるので、ソースを付けて食べよう。

リトルポーランド|Little Poland

イーストビレッジにあるポーランド料理ダイナー。飾りっ気がなく、現金のみの店。アメリカンなダイナーメニューの他、ビゴス、キィエルバサ(ソーセージ)などのポーランド料理のメニューがある。ピエロギは、具の種類が多く、肉、ブルーベリーやストロベリーといったフルーツ、じゃがいもとザワークラウトとチーズを合わせたスペシャルなものもある。

オールド・トラディッショナル・ポリッシュ・クイジン|Old Traditional Polish Cuisine

賞の受賞歴もあるポーランド料理のフードトラック。ピエロギの具は、じゃがいもとチーズ、ザワークラウトとマッシュルーム、グリルド・キィエルバサがある。

ウクライニアン・イースト・ビレッジ|Ukrainian East Village

イーストヴィレッジのウクライナ料理店。ほうれん草、じゃがいも、チーズ、ザワークラウトとマッシュルームなど伝統的なピエロギを提供している。

ベセルカ|Veselka

1954年にオープンした24時間営業のウクライナ料理店。ピエロギの具のチョイスは、ショートリブ、ルッコラとやヤギのチーズ、ほうれん草とクリームなどからできる。

関連するキーワード