798view

アメリカの中でも、ギリシャ系の人々が多く暮らすボストン。ギリシャ料理店は昔からあったが、近年のギリシャ料理のブームもあって、新しい店が続々オープンしている。ボストンでヘルシーな地中海スタイルの食事を楽しめる店をタイムアウトボストンがピックアップしている。

サロニキ|Saloniki

“ファーム・トゥ・テーブル”はギリシャ人は何世紀も前からある概念で、特に珍しいことではなく、この店でも、信頼のできる小さな農場で収穫された食材を使うことにコミットしている。自分で好きなライスプレートを作るか、スタンダードにピタに行ってもいい。オススメは、ザジキと一緒に食べるレモン・オレガノ・チキン、ガーリックヨーグルトと食べるズッキーニ ・フェタチーズ・フリット、ハーブサラダだ。デザートも珍しくバクラワチップス、ハニールクマデスなどのマイナーリーグ級が揃っている。甘いものを食べるぐらいなら、開き直って食事と一緒にギリシア・ワインを飲むという選択肢もあるかもしれない。

エスペリア・グリル|Esperia Grill

ギリシャ料理に口うるさい人も、このテイクアウト店には感心している。奇を衒ったものはなく、古典というべき定番料理を完璧に作っている。ジャイロの肉は柔らかく、気前よく試食させてくれる。ナスサラダ、ぶどうの葉、ホウレン草のパイまで、冷製のお惣菜も豊富に取り揃えている。ここでも、お買い得メニューは、ロティサリーチキンかもしれない。中は程よくしっとりし、皮はクリスピー。ハーフサイズとサイドメニュー2つとグリークサラダのセットがたったの11ドルだ。ここのギリシャ・ドレッシングは他の上を行っている。追加で頼むべきだろう。

Tedさん(@q.ted)がシェアした投稿 -

サウス・エンド・ピタ|South End Pita

ボストンの人には、それぞれお気に入りのファラフェル・ショップがいくつかあるものだが、ここの店のファンは、異常までに忠実だ。それに驚きはない。美味しい強者しかない。野菜とシャワルマ肉が入ったロールサンドイッチまたはプレート、ほうれん草のパイ、中毒性のあるフムスサラダなどだ。メニューによると、フムスにはこだわりがあるようだ。想定外かもしれないが、ハンバーガー類も美味しい。タヒーニやババガヌーシュなどをトッピングできる。

関連するキーワード