2591view

14の島。800年もの歴史。ひとつの街。伝統とモダンが融合するスウェーデンの首都、ストックホルムを最大限に楽しむための方法をタイムアウトストックホルムが紹介。

8. アートは地下で観る。

ストックホルムの地下鉄は、街なかを移動する便利な方法であるだけでない。「世界最長のアートギャラリー」と言われている。地下鉄網の9割以上の駅に展示スペースがあって、150人以上のアーティストによる作品を展示している。

9. 紅茶でほろ酔いになる。

素晴らしいアートホテル、アット・シックス(At Six)のバーに行き、ティップシー・ティーという、メニューをトライしてみよう。おつまみと、ポットにジンが入った紅茶のセットメニューで、夜の街歩き前にぴったりだ。ただ、ホテルにあるDJラウンジに行くというチョイスも捨てがたい。

10. アバをまた好きになる。

少し時間を取って、ポップハウスにあるアバミュージアムに行ってみよう。スウェーデンが誇るイケアに次ぐ“輸出品”、フォークグループから国際的なアイコンとなった、あの懐かしいアバについての歴史を振り返ることができる。ミュージアムを出たあと、ダンシングクイーンが頭から離れなくなるのだけ覚悟しよう。

関連するキーワード