439view

歴史ある北京の街へようこそ。カルチャー、政治、北京ダック、そして、長城。これらを、早朝から深夜にかけて、1日で体験する方法をタイムアウト北京が紹介する。

7時〜7時30分

天安門広場:おはよう!早く起きたら、まずはここへ。日の出とともに中国国旗が掲揚される。流れてくる国家を聞きながら、ぴったり揃っている武装警察官の動きに注目しよう。

7時30分〜8時

天津煎餅の露天:北京で最も人気のある朝食「天津煎餅」を食べよう。薄い生地と卵を鉄板に広げて焼いたクレープのようなパンケーキ。発酵した味噌、唐辛子ペースト、ゴマ、葱などをトッピングして食べる。天安門広場の近くにも煎餅屋台が出ている。

8時〜9時30分

紫禁城:しっかり見ようとするとまったく時間がたりないので、中心軸だけを見る。実はこれだけでも、見えるものにはとても感動するし、十分に楽しめる。

景山公園:残り時間で北京の北の端にある公園から、紫禁城と北京の街を眺めよう。

9時30分〜18時30分

万里の長城: ビンテージバイクのサイドカーに乗って、万里の長城へ。木々に囲まれた村、山村を通るのがまたいい。サイドカーいく万里の長城ツアーは、 ベイジン・サイドウェイズ(Beijing Sideways)から申し込める。

18時30分〜20時

胡同の路上散髪屋:運が良ければ、后海や前海周辺の胡同で床屋に遭遇できるだろう。硬貨一握りの安価で(公然と)路上散髪を体験し、アイススケート(でなければ、ボート乘り)をするために、散歩気分で后海へ向かうのもいいだろう。

20時〜22時

四季民福:夕食の時間。北京ダックを食べるならまずはここへ。こんがり焼かれたダックが運ばれてくるまでは時間がかかるので、地元の燕京ビールでも呑んで気長に待とう。

京雅堂:待ちたくなければ、ザ・オポジット・ハウス(The Opposite House) というホテルにあるでおしゃれに中華料理を食べてもいいだろう。少し値は張るが、がっかりすることはない。ここの北京ダックは最高だ。

関連するキーワード