1596view

スリランカに行ったら食べたい屋台フード、B級グルメをタイムアウトスリランカが解説。

コットゥ|Kothu

スリランカの屋台料理といえば、コットゥ。ゴダンバ・ロティ、野菜、卵 もしくは肉、スパイスを熱い鉄板に広げて、四角い包丁で細かく刻んだもの。食べる時はマサラソースをかける。さほど難しくない料理だが、家庭で作られることは少なく、外で買う人が多い。

アチャール|Acharu

スリランカの甘酸っぱい漬物。熟す前の果物を酢、砂糖、塩、チリパウダーを混ぜた液に漬けて作る。果物は、マンゴー、パイナップル、キャニモモなどが使われるが、オリーブで作られることもある。

ウルンドゥ・ワデ|Uludu Wade

甘くないドーナッツ型をした食べ物。ウラドダル、玉ねぎ、唐辛子を混ぜた生地を油で揚げて作る。食べる時はココナッツチャトニーと一緒に。

パリップ・ワデ|Parippu Wade

ウルンドゥ・ワデと近い作り方だが、レンズ豆を使う。パリップ・ワデは、固く、パリパリと歯ごたえがするぐらいまで揚げられるのが特徴。

キャッサバ・チップス|Manioc Chips

キャッサバ芋を薄くスライスして揚げたスナック。塩と唐辛子で味付けする。気がつくといつまででも食べ続けてしまうぐらい美味しい。

エッグ・ホッパー|Egg Hoppers

スリランカのパンケーキで、ボウル型の生地の外側はパリパリ、内側には卵を落とし固める。ルヌ・ミリスという玉ねぎの副菜と一緒に食べる。エッグ・ホッパーは朝食として食べる人が多いが、他の時間帯に食べることもある。

ショート・イーツ|Short Eats

スリランカにおけるサクッと食べられる軽食の総称。ベイカリー、レストラン、屋台などどこでも見かけ、どの時間帯でも食べる。パリパリの春巻きのようなものから、具材が入ったパンのようなものまで、種類は豊富。小腹が空いた時には、とりあえず、何かショート・イーツを探せば落ち着くだろう。

関連するキーワード