1417view

タイムアウトニューヨークが本好きならチェックしたいニューヨークで行くべきユニークな独立系本屋さんのリスを掲載している。

ブルーストッキングス|Bluestockings

18世紀にイギリスで起きたブルーストッキングムーブメントから着想を得たお店。ボランティアにより運営されていて、フェミニズム、セクシュアリティ、アナーキズム、社会正義などについての約6000冊の本を置いている。カフェもあり、読書会やトークイベントも行っている。

モラセス・ブックス|Molasses Books

ブッシュウィックにあるブックカフェ。アート、映画、フィクション、オカルト、セクシュアリティカテゴリーなどの古本を良心的な価格で販売しているほか、地元で発行されているジンも置いている。面白いのが、カフェのシステム。不要な本を持っていくと、コーヒー、お茶、ビール、ワインなどカフェのアイテムとメニューと交換してくれる。夕方にはハッピーアワーもある。店先にある”1ドル棚”のチェックも忘れずに。

ボニー・スロトニック・クックブックス|Bonnie Slotnick Cookbooks

イースト・ビレッジにある料理本の専門書店。家庭料理の本から各国料理本まであらゆるテーマの料理関連の新刊、古書、アンティーク本を扱っている。シェフ、グルメな人、主婦まで料理好きな人に愛されている本屋さん。サイン会やイベントも頻繁に開かれている。

ワード・アップ・ブックス|Word Up Books

ワシントンハイツにあるボランティア運営によるコミュニティーブックストア。英語以外の言語で書かれた本も豊富にあり、特にスペイン語の本が充実している。ライブリーディングやスポークンワードのパフォーマンスなどイベントも積極的に行っている。

ミステリアス・ブックショップ|Mysterious Bookshop

シティーホールの近くにあるミステリー専門書店。天井まで高く伸びる書棚に、ノンフィクションミステリー、サスペンス・スリラー小説などがびっしり並んでいる。ピンクのタグが付いた本は限定のサイン本を表す目印だ。熱狂的なミステリーファンは見逃さないように。

コミュニテイ・ブックストア|Community Bookstore

パークスロープにある地域に根ざした本屋さん。フィクション本が充実している他、ニューヨークの歴史についての本、難民や移民についての本も多く扱う。店内にはかわいい看板猫がいる。

ザ・ドラマ・ブック・ショップ|The Drama Book Shop

1917年にオープンした演技、舞台・映像芸術専門書店。演劇、映画、テレビなどの出演者、製作者向けの本を多く扱っている。地下には劇場があり、イベントも開催している。

関連するキーワード