2611view

サンフランシスコは最もインスタ映えする街かもしれない。それは、写真アプリを開発している会社が多くあるからだ... ということでは、もちろんない。アップダウンが激しい坂道があり、ケーブルカーが走り、カウンターカルチャーが根付くこの街は、とてもフォトジェニックで思わずカメラを向けてしまう。サンフランシスコで写真撮影したい場所を紹介する。

ロンバード・ストリート|Lombard Street

ロシアン・ヒル地区にあるヘアピンカーブが続くワンブロックが有名。

マーケット・ストリート|Market Street

サンフランシスコを代表する大通り。ダウンタウンのパウエル駅周辺はデパートや商業施設が並び、観光客や買い物客で賑わう。

カリフォルニア・ストリート|California Street

サンフランシスコの東西を繋ぐ道。カリフォルニア・ストリートとパウエル・ストリートの交差点あたりから海のほうを向かうと、ベイブリッジが見える。ケーブルカーを待てば、サンフランシスコらしい写真が撮れるだろう。

バーモント・ストリート|Vermont Street

ロンバード・ストリートと同様に、こちらもくねくねした通り。イースターに開かれるおもちゃ三輪車のイベント「Bring Your Own Big Wheel 」は街の恒例行事になっている。まさにインスタ向き。

ヘイト・ストリート|Haight Street

ヒッピーカルチャーの発祥の地。観光地化した今でもフォトジェニックな人やモノが見つかる。

グランド・アヴェニュー|Grant Avenue

チャイナタウンにある通り。規模は縮小しているが、中華系のショップやレストランが並ぶ。

クラリオン・アリー|Clarion Alley

ミッション地区にある短い小道。これまでに多くのアーティストが参加してきた壁画プロジェクトが有名。

関連するキーワード